<速報>国内女子は雷雲接近で競技中断 最終組のスタート直後

<速報>国内女子は雷雲接近で競技中断 最終組のスタート直後

雷雲接近で一時中断 選手たちが続々とクラブハウスに引き上げている(撮影:上山敬太)

<宮里藍 サントリーレディス 3日目◇15日◇六甲国際ゴルフ倶楽部(兵庫県)◇6511ヤード・パー72>

国内女子ツアー「宮里藍 サントリーレディス」の3日目は朝から雨が降り続き、午前10時14分には雷雲接近のため、競技が一時中断。選手たちはクラブハウスへと避難している。


最終組は定刻通り9時50分にティオフしたが、1ホールを消化したところで中断。トータル11アンダー・単独首位にイ・ミニョン(韓国)。2打差2位に鈴木愛、4打差3位タイに河本結、新垣比菜、松田鈴英、永峰咲希が続いている。

イ・ボミ(韓国)は4ホールで1つ伸ばし、トータル5アンダー・9位タイに浮上。昨年覇者の成田美寿々は7ホールを消化して、トータル1アンダー・36位タイにつけている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>