<速報>松山英樹は前半で痛恨のトリプルボギー…1つ落として後半へ

<速報>松山英樹は前半で痛恨のトリプルボギー…1つ落として後半へ

松山英樹は1つ落として後半へ(撮影:岩本芳弘)

<全米オープン 最終日◇16日◇ペブルビーチGL(カリフォルニア州)◇7075ヤード・パー71>

海外メジャー「全米オープン」はいよいよ最終日のラウンドがスタート。トータル1アンダー・23位タイの松山英樹はハーフターンを終えて、2バーディ・ノーボギー・1トリプルボギーとスコアを1つ落としている。


5番でバーディを先行させた松山だったが、6番のティショットを右の崖下に落とすと、3打目も右のペナルティエリアへ。さらには約1mのダブルボギーパットはカップに蹴られ「+3」。その後、バーディを1つ重ねたものの、トータルイーブンパーでの折り返しとなった。

この後、トップのゲーリー・ウッドランドは1打差2位のジャスティン・ローズ(イングランド)と日本時間6時30分にティオフする。また、114年ぶりの3連覇がかかるブルックス・ケプカ(米国)は最終組の1つ前から4打差を追いかける。

<ゴルフ情報ALBA.Net>