全米OP優勝のウッドランドが12位浮上 松山英樹は28位【男子世界ランキング】

全米OP優勝のウッドランドが12位浮上 松山英樹は28位【男子世界ランキング】

メジャー初勝利を果たしたウッドランドが世界12位に浮上した(撮影:岩本芳弘)

6月16日付けの男子世界ランキングが発表された。先週の「全米オープン」でメジャー初優勝を挙げたゲーリー・ウッドランド(米国)が13ランクアップし、自己最高の12位に浮上した。


同大会を21位タイで終えた松山英樹は1ランクアップの28位。その他の日本勢では今平周吾(72位)、小平智(88位)がトップ100に入っている。

世界ランキング1位は全米オープンで2位に入ったブルックス・ケプカ(米国)がキープ。2位はダスティン・ジョンソン(米国)、3位にはローリー・マキロイ(北アイルランド)との入れ替わりでジャスティン・ローズ(イングランド)が浮上した。

21位タイで全米オープンを終えたタイガー・ウッズ(米国)は5位と変わらなかった。

【男子世界ランキング】
1位:ブルックス・ケプカ(12.07pt)
2位:ダスティン・ジョンソン(10.46pt)
3位:ジャスティン・ローズ(8.70pt)
4位:ローリー・マキロイ(8.63pt)
5位:タイガー・ウッズ (7.47pt)
6位:フランチェスコ・モリナリ(6.89pt)
7位:ジャスティン・トーマス(6.66pt)
8位:パトリック・キャントレー(6.43pt)
9位:ザンダー・シャウフェレ(6.408pt)
10位:ブライソン・デシャンボー(6.402pt)
12位:ゲーリー・ウッドランド(5.59pt)
28位:松山英樹(3.36pt)
72位:今平周吾(1.93pt)
88位:小平智(1.55pt)

<ゴルフ情報ALBA.Net>