状態はいいのに… 有村智恵は6年ぶりVの地できっかけを掴めるか

状態はいいのに… 有村智恵は6年ぶりVの地できっかけを掴めるか

タイトル防衛に挑む有村智恵 思い出の地から上昇気流に乗りたい(撮影:佐々木啓)

<サマンサタバサ ガールズコレクション・レディース 事前情報◇18日◇イーグルポイントゴルフクラブ(茨城県)◇6588ヤード・パー72>

昨年大会で日本ツアー復帰後初、そして自身6年ぶりとなる勝利を挙げた有村智恵。多くの涙を誘った優勝から早くも1年が過ぎた。「あっという間でした」と、今年は昨年覇者としてイーグルポイントに戻ってきた。


忘れもしない思い出の大会。状態は最高と言いたいところだが、今季はここまでもどかしい戦いが続いている。トップ10はわずかに1回。賞金ランキングは54位に甘んじている。何より悩ましいのは、去年よりも状態が上がっているなかで成績が出ていないこと。「去年以上にやれるな、という気持ちで開幕したのに足踏み。それが焦りとなってしまった。状態がいい分、入れ込んで空回りしているのかもしれないです」と求めるものが高いがゆえの問題である。

逆に言えば「何かきっかけがあれば上に行ける気はしています」と欲しいのはほんの少しのこと。「今週なにかきっかけが見つかればと思っています。もっと気楽に、じゃないですが、一打一打を楽しみながらやれたらと思います。焦りはどうしても拭えないですが、その中で今自分が何をするべきなのか。そこにフォーカスしていきたい」。

「この先も勝って、30代でもやれるところを見せたいです!」と語った優勝インタビュー。きっかけさえ見つかればまだまだやれる。状態だって上がっている。だからこそ、今週はその“何か”を見つける旅になる。(文・秋田義和)

<ゴルフ情報ALBA.Net>