コースはほぼぶっつけ 渋野日向子は全英への最終テスト

コースはほぼぶっつけ 渋野日向子は全英への最終テスト

“ほぼぶっつけ”で大丈夫! 好調・渋野日向子が今週も上位を狙う(撮影:佐々木啓)

<サマンサタバサ ガールズコレクション・レディース 事前情報◇18日◇イーグルポイントゴルフクラブ(茨城県)◇6588ヤード・パー72>

今季ここまで国内メジャー「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」を含む2勝を挙げて賞金ランキング2位につける渋野日向子。毎週のように上位に食い込んでいるだけに忘れがちだが、今季が初のシーズンフル参戦となるルーキーだ。


そのため、初めて回るコースも少なくない。今週のイーグルポイントゴルフクラブもその一つである。それでも、ラウンドをしたのはこの日のプロアマ戦18ホールのみ。それでも問題はなさそうだ。「フェアウェイが広いかな、という印象です。ラフがすごく長いので警戒が必要ですが、今は調子が悪くないので、そこまでフェアウェイを外さないかなと思います」と不安も少ない。

2週後に開幕する海外メジャー「全英AIG女子オープン」にも同じ気持ちだ。「コースはまったく調べていないです(笑)。出場が決まったときはただただ『うれしい』という気持ちでしたが、時間が経って『調子は悪くないのでこの調子でいけば予選通過できるのでは』と思っています。今の実力を発揮できたらいいかなと思います」。あくまで大事なのは自分の調子。コースどうこうでジタバタしないのが渋野流だ。

そう考えれば、コース形態は全く違えど、ほぼぶっつけとなる今大会は全英への最終テストにうってつけ。「まずは予選を通過してトップ10に入ること。上位で居続けることが大事」。ここまで優勝を含めて4試合連続トップ10。この調子を継続したまま、人生初となる海外のビッグトーナメントへと向かいたい。(文・秋田義和)

<ゴルフ情報ALBA.Net>