<中間速報>ウッズは+5で後半へ ケプカは首位と1打差、浅地洋佑と稲森佑貴が上位争い

<中間速報>ウッズは+5で後半へ ケプカは首位と1打差、浅地洋佑と稲森佑貴が上位争い

タイガー・ウッズは大きく出遅れ(撮影:村上航)

<全英オープン 初日◇18日◇ロイヤルポートラッシュGC(北アイルランド)◇7344ヤード・パー71>

148回目を迎えた「全英オープン」初日。続々と選手がホールアウトするなか、タイガー・ウッズ(米国)はバーディなしの3ボギー・1ダブルボギー、5オーバーで前半のプレーを終えている。


今季海外メジャーで優勝1回、2位2回のブルックス・ケプカ(米国)が3アンダーで首位と1打差の好位置をキープしている。

アマチュアの金谷拓実は13番を終えて池田勇太と同じ1オーバーと健闘。稲森佑貴と浅地洋佑の2人は、2アンダーの上位争いを展開中。藤本佳則は3オーバーで前半をプレー中となっている。

すでにホールアウトした松山英樹と堀川未来夢はイーブンパー。今平周吾は12オーバーと大きく出遅れている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>