<中間速報>松山英樹は1オーバーで後半へ 稲森佑貴、浅地洋佑は予選通過濃厚

<中間速報>松山英樹は1オーバーで後半へ 稲森佑貴、浅地洋佑は予選通過濃厚

松山英樹は1オーバーでハーフターン(撮影:村上航)

<全英オープン 2日目◇19日◇ロイヤルポートラッシュGC(北アイルランド)◇7344ヤード・パー71>

北アイルランドで行われている大会2日目は後半組がプレー中。初日をイーブンパーで終えた松山英樹は前半を1オーバーとし、トータル1オーバーで前半のプレーを終えた。


出だしの1番でティショットを右のOBに打ち込むトラブルでトリプルボギースタート。いきなりつまずいたが、続く2番のパー5でバーディなどスコアを2つ戻した松山。昨年は悔しい予選落ちだったが、ここからの浮上で、上位進出を目指す。

そのほかの日本勢は、稲森佑貴と浅地洋佑がトータル1オーバーで予選通過が濃厚。金谷拓実はトータル2オーバーでフィニッシュ。予選通過に向けてギリギリのライン上となっている。

藤本佳則はトータル4オーバー、池田勇太はトータル9オーバー。堀川未来夢は6番終了でトータル3オーバー。今平周吾はトータル12オーバーとなっている。

現時点の首位はシェーン・ローリー(アイルランド)でトータル9アンダー。2位はJ.B.ホームズで(米国)とディラン・フリッテリ(南アフリカ)でトータル8アンダー。タイガー・ウッズ(米国)はトータル6オーバーでホールアウト。地元のローリー・マキロイも同じくトータル6オーバーで後半に入っている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>