渋野日向子が英国でスマイル爆発!単独首位でのホールアウトに「なぜ?って感じ(笑)」

渋野日向子が英国でスマイル爆発!単独首位でのホールアウトに「なぜ?って感じ(笑)」

渋野日向子が最高の滑り出し!(撮影:村上航)

<全英AIG女子オープン 初日◇1日◇ウォーバーンGC(イングランド)◇6585ヤード・パー72>

今季最後の海外女子メジャー「全英AIG女子オープン」が現地時間8月1日(木)に開幕。午後組が続々とスタートする中、午前組でティオフした渋野日向子が6アンダーまで伸ばして単独首位でホールアウトした。


渋野は4番でボギーが先行したが8番で取り返すと、折り返しての10番から3連続バーディ。さらに15番でもスコアを伸ばして首位に並んだ。一度はパク・ソンヒョン(韓国)に引き離されたが、17番パー3でティショットを1mにつけて再びトップに並ぶと18番でも5mを沈めて単独首位に。世界ランク4位のミンジー・リー(オーストラリア)と、メジャー2勝のアンナ・ノルドクビスト(スウェーデン)という同組2人に勝るプレーを見せた。

ホールアウト後のインタビューでは、開口一番「自分でもびっくり」と驚きを隠せない様子。「後半爆発しちゃって、なぜ?って感じ(笑)。10番で難しいのが入って、流れに乗れた。なんでこんなにバーディ獲れてるの?って感じ。出来過ぎなので120点です。最終ホールでキャディ(青木コーチ)と“やばいね”って話してました(笑)」と終始笑顔で受け応えた。

1977年「全米女子プロゴルフ選手権」で優勝した樋口久子以来となる、日本人2人目のメジャー制覇へ最高の滑り出しを見せた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>