上田桃子は蜂に刺されるアクシデント スイング中にチクリ…

【全英AIG女子オープン】上田桃子は97位タイと出遅れ 蜂に刺されるアクシデントも

記事まとめ

  • 3年ぶりの海外女子メジャー出場となった上田桃子は、3オーバー・97位タイと出遅れた
  • 12番でティショットを打とうとスイングを開始した際、大きな黒い蜂に2回刺されたそう
  • 「まだ自分で整理ができていないけど、ショットもパットも悪かった」と、肩を落とした

上田桃子は蜂に刺されるアクシデント スイング中にチクリ…

上田桃子は蜂に刺されるアクシデント スイング中にチクリ…

上田桃子は不調に加え蜂に刺されるアクシデントも…(撮影:村上航)

<全英AIG女子オープン 初日◇1日◇ウォーバーンGC(イングランド)◇6585ヤード・パー72>

3年ぶりの海外女子メジャー出場となった上田桃子。初日は2バーディ・3ボギー・1ダブルボギーの3オーバー・97位タイと出遅れた。


2番でバーディが先行したが、続く3番でダブルボギー。その後も波に乗れずに34パットを喫した。キッカケをつかもうともがいたが、思い描いた結果を作り出せずに、「まだ自分で整理ができていないけど、ショットもパットも悪かった」と、肩を落とした。

ダブルボギーのあとはガマンが続いた。「バーディチャンスにはついたけど、グリーンのタッチが合っていなかった」と、チャンスをものにできず後半へ。そこで「最後に3パットが3回。集中はしていたけど…」と、カップのふたは開かずじまいだった。

気負いなく、ほどよい緊張感のなかスタートしたが、「入るという感じがしないまま終わってしまった」と、ホールアウト後も言葉少なにパット不調の1日を振り返った。

思わぬ状況に追い打ちをかけたのが、12番。ティショットを打とうとスイングを開始した際、右肩にチクリと痛みが走った。「見たら大きな黒い蜂がいて2回刺されました」。グリーン手前まで来た時点でトレーナーの応急処置を受け、続く13番ではバーディを奪うも、終盤4ホールで3ボギー。力なくコースをあとにした。

「明日しっかり予選を通過できるように頑張ります」。アクシデントに見舞われた初日のことは忘れ、2日目は、ひたすらスコアを伸ばし続ける。(文・高桑均)

<ゴルフ情報ALBA.Net>