安田祐香が日本勢2番手で決勝Rへ メジャー2戦連続で「ローアマ獲りたい」

安田祐香が日本勢2番手で決勝Rへ メジャー2戦連続で「ローアマ獲りたい」

日本勢2番手で決勝Rへ駒を進めた安田祐香(撮影:村上航)

<全英AIG女子オープン 2日目◇2日◇ウォーバーンGC(イングランド)◇6585ヤード・パー72>

アマチュアで出場中の安田祐香が、4バーディ・2ボギーの「70」で回り、トータル1アンダーの36位タイで決勝ラウンドに進む。


序盤からパットに苦しんだが、終盤は強い気持ちで予選通過を目指した。「ずっと短いパットが入らなくて、オーバーパーにいってしまった。後半なんとかバーディを獲って、最後はすごく緊張したんですけど、バーディで上がることができて良かった」と、2.5メートルを沈めて、通算アンダーパーのホールアウトで予選突破を果たした。

予選カットがちらつくなかでの最終ホールバーディ。はずしていても通過は変わりなかったが、「緊張の中でバーディが獲れたので大きい」と、アマチュアとは思えぬ堂々たる締めくくり。才能をいかんなく発揮した。

並み居る強豪を相手に回しても動じずに、最低限の結果を出したが、「もっと行けたかなと思うところもある」と悔しさも残る。「(メジャーで)どこまで行けるかなというのを知ることができたかなと。予選通過もできているのでもっと上位で戦うという目標を立てたい」。残り2日間はのびのびとプレーできそうだ。

前週の「エビアン・チャンピオンシップ」でも予選通過、2週連続でアマチュアとしてメジャーの予選通過となれば、日本人選手では初「明日以降は安全に楽に、プレーしたいです」と淡々と語った安田。「ローアマも獲りたい」と、目指す高みまで、残りあと2日間。ショットとパットのかみ合わせで、明日こそはビッグスコアをたたき出す。(文・高桑均)

<ゴルフ情報ALBA.Net>