スマイルキャンディがスマイルを忘れるほど(?)の“過酷な一日”【きょうの“パンチショット”】

スマイルキャンディがスマイルを忘れるほど(?)の“過酷な一日”【きょうの“パンチショット”】

26ホール…お疲れ様でした(撮影:佐々木啓)

トーナメント会場で、選手の印象的な言葉や、プライベートシーンなどを耳にする機会が多い現場記者。そのなかで『あの時、何を考えていたの?』、『今ハマっているものは?』、『プロの悩みって?』…のような選手の素の表情やツアーの裏側が分かる、ちょっと“パンチ”の効いた(?)話をお届け!【大東建託・いい部屋ネットレディス】


初日、2日目と連日サスペンデッドとなった「大東建託・いい部屋ネットレディス」。避暑地とはいえ、夏本番…3日目の長丁場で選手たちは相当に疲れた表情を浮かべていた。

ホールアウト後、開口一番「疲れたぁ〜」と言って引き揚げてきたイ・ボミもその一人。現在出場2試合連続トップ10入りと復調の兆しも見え、今週も3日目を終えて15位タイと好調をキープしている。「いいショットはたくさんあったので、明日も楽しく回ってバーディをとれるように頑張りたいです」と言うその表情にも疲労の色が。

ちなみに、3日目にボミがこなしたのは26ホールとあって、クタクタなのは無理もない…。さらに、ラウンド後にはすぐに帰宅の準備を開始。ボミといえば、ラウンド後も毎回練習場に向かい、ショット練習をするのが“ルーティン”ともいえるだけに、思わず『練習は?』と聞いてみると…「今日は朝早かったし、疲れました。もう帰りますよ」。しかし、この時にはすっかりとスマイルキャンディらしい笑顔を“取り戻して”いました。

ちなみこの日は朝4時起きだったそうで…。選手のみなさん、本当にお疲れ様でした!

<ゴルフ情報ALBA.Net>