<速報>渋野日向子がティオフ!1番はパー発進 42年ぶり日本人海外メジャー女王誕生なるか?

<速報>渋野日向子がティオフ!1番はパー発進 42年ぶり日本人海外メジャー女王誕生なるか?

渋野日向子が海外メジャー女王に向けてティオフした(撮影:ALBA)

<全英AIG女子オープン 最終日◇3日◇ウォーバーンGC(イングランド)◇6585ヤード・パー72>

1977年「全米女子プロゴルフ選手権」を制した樋口久子以来となる、日本勢42年ぶりの海外女子メジャー制覇がかかる渋野日向子。2位に2打差をつけるトータル14アンダー・単独トップから、現地時間14時35分(日本時間22時35分)にティオフした。


3日目に首位の座につき、この日も前日に続きアシュレー・ブハイ(南アフリカ)とのツーサムで、最終組でのプレーとなる。前日のラウンド後には「ぜったい緊張すると思うけど、最後まで攻める。この位置なら優勝を狙わないわけにいかない」とその心中を語っていたが、いよいよ快挙に向けた18ホールをスタートさせた。ラウンド前には子供へのサインや、写真撮影に応じるなど、普段通りの姿でティイイングエリアへと向かった。

【渋野日向子の前半ラウンド詳細】
■1番パー4 スコア:パー(-14)
1:曇り空で風が強く吹き始めるなかティオフ。ドライバーショットはフェアウェイど真ん中へ
2:グリーン右やや奥目に切られているピンに対し、その奥9メートル付近にパーオン。
3:ファーストパットは2メートルショート
4:下りを決めてパー

■2番パー5 スコア:パー(-14)
1:フォローの風が吹くなか、ドライバーを握った渋野。ティショットは左ラフへ
2:アイアンでフェアウェイに戻す。残り79ヤード
3:手前2.5メートルの位置へ
4:バーディパットは惜しくもカップに蹴られる…
5:きっちり決めてパー

■3番パー4 スコア:ダブルボギー(-12)
1:ティショットは3番ウッドを選択。右ファーストカットやや突き抜け
2:前の組のプレーを待つ間、クビを回したり、口を開け閉めしたりする仕草を見せる。残り161ヤードのセカンドショットは左ピンに対しグリーン右端へ。その距離約15メートル
3:2メートルオーバー
4:右へそれて、1メートル強オーバー
5:左へそれる…
6:4パットのダブルボギーで2位に後退…少し表情は曇るも、子供とハイタッチし、次のホールへ。ここから挽回を!

■4番パー4 スコア:パー(-12)
1:ドライバーショットは左のファーストカットへ
2:ピンまで120ヤードほどの距離から、手前5メートルへ。上りのラインにつける
3:しっかりとラインに乗ったボールだったが、惜しくもカップに蹴られる
4:沈めてパー

■5番パー4 スコア:バーディ(-13)
1:ティショットはしっかりとフェアウェイをキープ
2:左に切られたピンまで120ヤードのショットはダフリ気味で、グリーン左ラフ方向へ。しかし傾斜にキックされ奥4メートルにオン
3:これを左からねじ込んで、きょう初バーディ!日本のファンと笑顔でハイタッチ!トップに立っていたリゼット・サラスが6番でボギーを打ち、この時点で再び単独トップに浮上

■6番パー3 スコア:パー(-13)
1:中央からやや右よりのピンに対し左奥7メートル付近にナイスオン
2:わずかに外れる
3:そのまま流し込みパー。10メートルのバーディパットを決めた同組のブハイらもトップに並ぶ

■7番パー5 スコア:バーディ(-14)
1:おにぎりをほおばりエネルギーチャージ完了!ドライバーで二股フェアウェイの左側へ。風はアゲンスト
2:ピンまで残り236ヤード。右前方に木があるためツーオンは難しい状況だったが、果敢に狙ったショットは、花道で跳ねて2オンに成功。左手前13メートルの位置へ
3:イーグルパットをナイスタッチで1メートル以内につける。バーディチャンス!
4:これをきっちりと決めてバーディ!スタート時のスコアに戻し、再び単独トップ!!

■8番パー3 スコア:ボギー(-13)
1:ティショットはグリーン奥にこぼれる
2:アプローチはやや強めで2.5メートルほどオーバー
3:スライスしたボールはカップ左をなめて外れる
4:決めてボギー。リゼット・サラスに次ぐ2位に後退

■9番パー4 スコア:パー(-13)
1:フェアウェイをキープ
2:残り150ヤードを8番アイアンでショット。カップまで約5メートル
3:ナイスタッチだが、最後に一曲がりし惜しくも外れる
4:決めてパーセーブ。3位タイでサンデーバックナインへ!

※本記事では、渋野選手のホールごとの詳報を定期的に追記してお伝えしていきます。

<ゴルフ情報ALBA.Net>