アートをテーマにゴルフ普及 宮里優作らがキッズイベントに登場

アートをテーマにゴルフ普及 宮里優作らがキッズイベントに登場

子どもたちとの交流を楽しんだ3人(撮影:ALBA)

8月4日(土)、子どもたちへのゴルフ普及活動の一環として都内で「夏休みキッズアートゴルフデー 〜プロゴルファーとアートゴルフで遊ぼう〜」と銘打ったイベントが行われた。


同イベントは、日本ゴルフツアー機構(JGTO)が行っている「キッズゴルフ応援プロジェクト」に時計ブランドを展開するリシャールミルジャパン株式会社が寄付。その活動の一環として開催され、同社契約の宮里優作らのほか、稲森佑貴と中西直人が参加し、子どもたちとの交流を楽しんだ。

イベントはアートをテーマにゴルフを楽しもうというコンセプト。うちわへのペインティングやプロ3人によるトークショーなどが行われた。イベントを終え、「いつもと違う感じで子どもたちのフィーリングというか、イメージ力をすごく見られたので、それがゴルフとつながればと思ってよかったです。色々なものとゴルフが融合できると思う」(宮里)と語った。

夢を持った子どもたちを前に「ここからビッグな選手が生まれてくれたら感無量」(稲森)、「子どもたちにプロっていいんだぞと思ってもらえる環境づくりを手伝いたい」(中西)と話した。

<ゴルフ情報ALBA.Net>