今季初優勝から様変わり 成田美寿々の2勝目はクリークと6番アイアンを抜いて【勝者のギア】

今季初優勝から様変わり 成田美寿々の2勝目はクリークと6番アイアンを抜いて【勝者のギア】

成田美寿々、2勝目のセッティングは?(撮影:上山敬太)

「大東建託・いい部屋ネットレディス」で4月に行われた「ヤマハレディース」に続く懇意2勝目を挙げた成田美寿々。両試合とも4日間大会と、タフなセッティングでの強さが光った。


成田と言えばクラブ契約フリーであるメリットを最大限に生かし、様々なクラブを取り入れることで有名だが、今回も前回優勝時とは大幅にセッティングを変えてきた。

ドライバーは同じキャロウェイの『エピックフラッシュ サブゼロ』だが、9.5度から10.5度にロフトを寝かせた。さらに圧巻はクリークより下の番手。ヤマハの時はクリーク、UT2本に6番アイアンからだったが、今回はクリークと6番アイアンを抜いてUT4本体制に。

さらに今回はPWをアイアンと同じモデルではなくPING『Blueprint』にスイッチするなど、カスタム女子らしい1本ずつにこだわったセッティングだった。「来年の東京五輪に出るためにあと4〜7勝したい」と優勝会見で決意を語った成田。今季3勝目はどんなセッティングとなるのだろうか。

【成田美寿々のクラブセッティング(WITB=What’s in the Bag)】
1W:キャロウェイ エピックフラッシュ サブゼロ
(10.5度、テンセイ CKオレンジプロ 50S/45.25インチ)
3W:ロッディオ Tスプーン
UT:PXG UT 0317X(19度、22度、25度、28度)
7I〜9I:PXG 0311P フォージド
PW:PING Blueprint
W:PXG 0311(50度)、PXG 0311(56度)、モダート SDT168(60度)
PT:テーラーメイド スパイダーX-72
B:スリクソン Z-STAR XV

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)