米国にいくつもりは全くない、何回“帰りたい”と思ったか【渋野日向子 優勝コメント】

全英オープン優勝の渋野日向子がコメント 「何回『帰りたい』と言ったか分からない」

記事まとめ

  • 全英オープン優勝で米国ツアーへの出場資格を手に入れた渋野日向子が今後を語った
  • 「まだ日本で十分に成績も出せていないのに、海外でやる資格はない」とコメント
  • 全英OPについては「つらかった。何回『帰りたい』と言ったか分からない」と振り返った

米国にいくつもりは全くない、何回“帰りたい”と思ったか【渋野日向子 優勝コメント】

米国にいくつもりは全くない、何回“帰りたい”と思ったか【渋野日向子 優勝コメント】

記者に何度聞かれても、日本で続けることを明言した渋野(撮影:村上航)

「全英AIG女子オープン」優勝で、可能性を一気に広げた渋野日向子。これで米国ツアーへの出場資格を手に入れたが、この先についてはどう考えているのだろうか。


■迷う余地はないです。日本が大好き
「(米国への気持ちは)全くないです。メジャーだけに出るという意識も全くないですね。今回はワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップを優勝して、全英に出られるかもしれないとなったので『出てみたい』と思いましたが、これから先アメリカで戦うということを考えると、やっていけないなと思います。移動もそうですし、英語も話せない。そういうところでストレスになります。日本でもっとレベルアップして活躍したいのはこれからも変わらない

(こういう興奮は)味わってみたいのかな。できればこういう思いはしたくないくらい(笑)。笑っていましたけど、この4日間本当につらかった。気疲れがハンパじゃないので。あの位置にずっといるというのは気も遣っていたと思う。何回『帰りたい』と言ったか分からない。シビアなパットとか気が狂いますよね。

まだ日本で十分に成績も出せていないのに、海外でやる資格はないと思っています。日本の経験も浅いですし、トップレベルの選手にもなれていない。日本が好きというのもあります。今回優勝してうれしかったですけど、改めて日本が好きだなぁと思った。日本の料理とお菓子が食べられないのはストレスになると思います。メンバー登録もしないと思います。日本が大好きです」

■まずは国内で1億円突破!五輪へも気持ちを緩めず頑張るしかない
「この優勝でどのくらいランキングが上がるのか分からないですが、この順位だけで東京オリンピックは決まらないので、これからも気を緩めず頑張るしかないと思っています。

(宮里藍へは)まだまだですね。全然藍さんとは比べものにならない。でも、この優勝で日本を引っ張っていく存在に少しは近づけたのかと思いますが、そう思ってしまうと天狗になってしまう。まだ全然下っ端。

今年の目標はリランキングまでに頑張って、3000万円くらい稼いでシードを獲得したいというのがあったのですが、サロンパスで優勝してしまい、なんなら初戦で6位に入ってしまい。だんだんと結果を出すようになってしまいましたね。もう少し目立たないようにプレーをしている予定でした。こうなってしまった。

嬉しいっちゃ嬉しいです。(騒がれるのは)嫌いじゃないです。なんならウェーイって感じ。普通に嬉しいです。

とりあえず今年の目標は1億円突破。そこに向かって頑張ります!」

<ゴルフ情報ALBA.Net>