渋野日向子が凱旋!改めて今の気持ちは?「想像以上でビックリしました!」【帰国会見一問一答】

渋野日向子が凱旋!改めて今の気持ちは?「想像以上でビックリしました!」【帰国会見一問一答】

渋野日向子が凱旋帰国!一問一答をお届け(撮影:鈴木健夫)

「全英AIG女子オープン」で、日本選手として42年ぶりの海外女子メジャー優勝を果たした渋野日向子。6日(火)、大勢のファンが迎えられて帰国し、記者会見が行われた。変わらず笑顔で登場した渋野の、記者会見での一問一答をお届けする。


■挨拶
「このたびはお忙しいなか、お集まりいただきありがとうございます。42年ぶりとなる日本人選手優勝をすることができました。緊張していて何をしゃべっていいか分からないですけれど、うれしいです。ありがとうございます」↓

■今の気持ちは?
「(出迎えが)想像以上ですごくビックリしました。イギリスに着いたときから日本に帰りたいと思った。やっと帰れたのでよかった。日本がいいなと思って。(飛行機では)寝て、ご飯を食べて、寝てフルーツを食べて。JALからケーキをいただいて、それを食べました。すごくおいしかったです」

■周囲からの祝福の連絡は?
「1000件弱くらい。かなり来ました。まだ返しきれていないです。まだ、すごいことをした実感があまりない。だんだん湧いてくるかなと思います。

■全英については?
「特に緊張もしてなかった。出だし3番でダボを打ってしまって、攻めた結果なので怒ることはなかったけれど、だんだん悲しくなってきた。最後のほうは緊張してきたけど、お菓子を食べてほぐしていました」

■どうやって気持ちを切り替えている?
「どうしてもスコアを落とすと怒ってしまう。4パットはオーバーして返しも難しくて入らなくて。攻めた結果なので怒ることはなかったですけど、切り替えは食べ物を食べることですかね。ギャラリーの声もすごかったので、その声で切り替えることができました」

■優勝はいつ意識した?
「3日目を終えて単独首位。そこから意識していました。最後のバーディパットが入って確信。映像を見たけど、かなり強かったですね。(優勝したときは)驚きすぎて涙も出ないぐらいビックリしていた。泣きそうになって、顔を手で覆ったけど、まったく出てこなかった。なんでだろう。うれしかったんだと思う」

■スマイルシンデレラと呼ばれることは?
「シンデレラはいいすぎ。回っている途中もギャラリーから声援をいただいて、それで知ってもらったのはすごいうれしい。名づけていただけるのはうれしかった。でも、いいすぎですね(笑)」

■笑顔でふるまう理由は?
「プロゴルファーはギャラリーに魅せる競技。楽しんでもらうには自分が心の底から楽しまないと、みんな楽しくない。心がけています」

■メンタルを保つ秘訣
「今までも喜怒哀楽は激しいほう。スコアを落とすとか。ここ1年は自分でも分からないぐらいの結果を出して、正直、これでいいのかなと思う。なんでしょうね?」

■技術的な向上は?
「パッティングは数値的にも上がっているので、技術的にも成長。ボギーのあとのバーディを獲る率が上がっている。前より技術が気持ち上がっているのは、数値を見て思う」

■ソフトボールは今に生きている?
「ソフトでピッチャーをしてた。ピッチャーは一番大事な役なんで、自分が崩れると負ける。フォアボールを出したり、打たれても切り替えて次。そういう経験はゴルフに生きている。ソフトは団体。みんなで力を合わせてという競技が大好き。やっていてよかった」

■ゴルフ1本に絞った理由は?
「中学男子の野球部に入って、ゴルフも続けた。中1のときに岡山ジュニアで優勝。ステップ(・アップ・ツアー)に出て、プロと回ったときにプロゴルファーっていいなと。野球部も朝練しかいけず、午後はゴルフ。体力の差もある。監督が中2でゴルフ一本に絞ったらといってくれて、絞りました」

<ゴルフ情報ALBA.Net>