大阪学院大学高校が初日首位発進【全国高等学校ゴルフ選手権 高校女子団体の部】

大阪学院大学高校が初日首位発進【全国高等学校ゴルフ選手権 高校女子団体の部】

ホールアウト後、インターネット中継のインタビューで意気込みを披露する大阪学院大学高校の選手たち(撮影:ALBA)

「緑の甲子園(ゴルフパートナー presents 令和元年度 全国高等学校ゴルフ選手権大会・全国中学校ゴルフ選手権大会)」団体戦の部が、8月6日(火)に開幕。初日の競技が終了し、高校女子団体の部は、大阪学院大学高等学校が首位発進となった。


団体戦の競技方法は、各校4名のうち各日上位3名のスコアを採用し、2日間合計の総ストローク数の少ない学校を上位とする方式(並んだ場合は2日間の4人の合計ストローク数により決定)。

大阪学院大学高校は、2年生の仁井優花が「66」、1年生の川崎春花が「68」の好スコアをマークするなど、出場4名が全員アンダーパーでラウンドし、『205』と絶好のスタートを切った。

『209』で2位となったのは熊本国府。3位は『210』の日章学園、4位タイには3連覇を狙う滝川第二と、埼玉栄が『214』で並んでいる。

高校女子団体戦の部 初日上位校は以下のとおり。

1位:大阪学院大学(大阪)『205』
2位:熊本国府(熊本)『209』
3位:日章学園(宮崎)『210』
4位T:埼玉栄(埼玉)『214』
5位T:滝川第二(兵庫)『214』
6位:沖学園(福岡)『215』
7位T:東北(宮城)『216』
7位T:開志国際(新潟)『216』
9位:岡山理大附(岡山)『217』
10位T:大阪桐蔭(大阪)『218』
10位T:大分(大分)『218』

<ゴルフ情報ALBA.Net>