プレーオフシリーズがいよいよ開幕 松山英樹は年間王者予想の19番手に

プレーオフシリーズがいよいよ開幕 松山英樹は年間王者予想の19番手に

いよいよ年間王者決定戦がスタート!(撮影:岩本芳弘)

<ザ・ノーザントラスト 事前情報◇7日◇リバティーナショナルGC(ニュージャージー州)◇7370ヤード・パー71>

米国男子ツアーのフェデックスカップ・プレーオフシリーズ全3戦がいよいよ開幕する。現地時間の8日(木)から、初戦の「ザ・ノーザントラスト」がスタート。開幕を前に、米国男子ツアーの公式サイトではプレーオフシリーズの優勝予想ランキングが発表された。


最有力候補として挙げられたのが、現在ポイントランキング1位に立つブルックス・ケプカ(米国)。2番手には同2位のローリー・マキロイ(北アイルランド)、3番手は今季10度のトップ10入りを果たし、同10位につけているジョン・ラーム(スペイン)が挙げられた。

現在ポイントランキング30位につける松山英樹は優勝予想19位。2013-14年シーズンに米ツアー本格参戦を果たしてから、プレーオフシリーズ最終戦に出場し続けていることなどが評価された。

初戦となるザ・ノーザントラストはフェデックスカップポイントランク上位125位までの選手に出場権が与えられ、予選カットありの初戦を終えて上位70人が第2戦の「BMW選手権」(予選カットなし)、第2戦を終えて上位30人が最終戦の「プレーヤーズ選手権」に進むことができる。

プレーオフシリーズのポイントはレギュラーシーズンの4倍に相当するが、今年から第2戦でポイントランクは終了し、最終戦はポイント制からハンディキャップ戦に移行。同ポイントランク1位の選手は最終戦を10アンダーからスタート、同2位が8アンダー。以下、26位〜30位までの選手がイーブンパーからのスタートと、ポイントランク上位者に優位となるよう、フォーマットが変わる。

昨年はシーズンポイントランキング4位でプレーオフに進んだジャスティン・ローズ(イングランド)が、プレーオフで好成績を残し続けて年間王者に輝き、約10億円のボーナスを手にした。今年はどんなドラマが待ち受けるのか?

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)