鈴木愛が渋野日向子の全英制覇に本音 「悔しいが100倍」

鈴木愛が渋野日向子の全英制覇に本音 「悔しいが100倍」

悔しさをバネにさらなる飛躍を!(撮影:佐々木啓)

<北海道meijiカップ 事前情報◇8日◇札幌国際CC 島松コース(北海道)◇6,531ヤード・パー72>

海外メジャー連戦を終えた鈴木愛が、国内ツアー復帰戦となる大会のプロアマに出場。雨のなか最終調整を行った。「なかなかうまくいかない2週間でした」と連戦を振り返った鈴木は、「全英AIG女子オープン」での渋野日向子の優勝についても言及した。


「エビアン(55位タイ)は、ショットはよかったけど、バーディチャンスにつけても、パットを外しまくってしまって…。全英(予選落ち)はパターが入ればと思ったんですけど、いいパットをしても横を抜けてしまったり」と消化不良のままメジャーでの戦いを終えた。

日曜日に帰国した鈴木は、そこで起きた日本選手による優勝について、「いいなと思う部分はもちろんありますけど、比べてはいけないと思います。自分のスタイルがあってのゴルフだと思う。私もパターをしっかり打つタイプですけど、全部強く打てばいいというわけではないと感じている。それぞれのスタイルがあると思う」と話した。

そして「うらやましいなっていう部分もありますけど、悔しいなっていう方が100倍上回ります」という本音も口に。この悔しさを、今後の国内ツアーで晴らしていく。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)