「さいぬーあるよ!」丸山茂樹日本代表ヘッドコーチが岩手の中学生に熱血指導

「さいぬーあるよ!」丸山茂樹日本代表ヘッドコーチが岩手の中学生に熱血指導

プロアマ後にジュニアにレッスンした丸山茂樹と深堀圭一郎(撮影・田中宏幸)

丸山茂樹が9日(金)に開幕するツアー外競技、岩手県オープン(岩手県・きたかみカントリークラブ)に出場する。丸山が試合に出るのは4月の千葉オープン、7月に伊澤利光と組んで出場したひかりTV 4K・FUNAI ダブルス(ともに千葉県・平川カントリークラブ)以来。8日(木)にはプロアマ戦後に、深堀圭一郎とともに岩手県の小中学生にジュニアレッスン会を行った。


「アドレスにもっと神経を使って」、「テークバックで手を使わずに体の回転で上げて」など的確なアドバイスを送る一方で、「ほら、いい球が出た。さいぬーあるよ」「エクセレンテ、エクセレンテ」の“丸山節”で、子供たちとその親たちを笑わせることも忘れない。

見前中学校2年生の佐々木凰樺(オウカ)さんは「つまんないレッスンより楽しい方がやる気が出る」と丸山の指導でいい球を連発。また、大宮中学校1年生の中野舞子(マコ)さんは、「自分に足りなかったことを指摘してくれた。オリンピックのコーチに習えてよかった」とも。

確かにいま丸山といえば、東京五輪ゴルフ日本代表ヘッドコーチのイメージが強い。でも本人はツアー本格復帰に向けて、着々と歩みを進めている最中だ。9月12日の自身の50歳の誕生日には、日本シニアツアー、コマツオープンが開幕する。

「コマツを目標にしている。今週中にエントリーをすると思います。コマツと(その翌週の)日本シニアオープンの2試合は行きたいですね。その2試合に出てから、またいろいろと考えたいと思っています」。と米チャンピオンズツアー参戦にも含みを持たせた。今週の岩手県オープン、来週の札幌オープンと地方トーナメントで「ちょっとずつ、ちょっとずつ」に試合勘を取り戻していく予定だ。

全英女子オープン優勝で一躍ヒロインとなった渋野日向子は『スマイルシンデレラ』のニックネームをつけられたが、米ツアーに参戦していた頃の丸山は『スマイルアサシン』(笑顔の暗殺者)と恐れられていた。もう一度、笑顔でツアーを戦う丸山茂樹を見たい。

<ゴルフ情報ALBA.Net>