団体優勝の牽引役・出利葉太一郎が個人戦も好スタート【全国高等学校ゴルフ選手権 男子個人の部】

団体優勝の牽引役・出利葉太一郎が個人戦も好スタート【全国高等学校ゴルフ選手権 男子個人の部】

団体とのW優勝にかける出利葉太一郎(撮影:ALBA)

8月6、7日に行われた「緑の甲子園(ゴルフパートナー presents 令和元年度 全国高等学校ゴルフ選手権大会・全国中学校ゴルフ選手権大会)」高校男子団体の部で、7年ぶり6度目の優勝を飾った沖学園高校(福岡県)。2日間で5アンダーをマークし、牽引(けんいん)役となった出利葉太一郎(3年)が、9日に開幕した高校男子個人の部(セントラルGC東C・茨城県)でも5アンダー・5位タイと好スタートを切った。


「正直、団体戦に続きスコアは作れているので調子は悪くないけれど、全体的なリズムはまだまだという感じ」

とラウンド後、もう一つさえない表情を浮かべた出利葉。確かに最終ホールで短いパーパットを外すなど、もっとスコアを伸ばせたラウンドだったともいえる。

「もったいないミスが多いですね。特に、パッティング。入れないといけない距離を外している。ラインの読みが合っていないし、それが今年、ずっと課題になっている点です」

7月の日本アマチュアゴルフ選手権では9位タイとトップ10入り。身長180センチの大型プレーヤーで、将来の日本を背負って立つ一人なのは間違いない。10日(土)の最終日、団体とのW優勝にかける出利葉のプレーは間違いなく見どころの一つだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>