渋野日向子先輩に続け! 昨年覇者・久常涼が最終日の巻き返しを誓う【全国高等学校ゴルフ選手権 男子個人の部初日】

渋野日向子先輩に続け! 昨年覇者・久常涼が最終日の巻き返しを誓う【全国高等学校ゴルフ選手権 男子個人の部初日】

かみ合わせが悪いという久常涼だが、先輩の活躍に刺激を受けている(写真は昨年のセガサミーカップより)(撮影:佐々木啓)

8月9日に開幕した「緑の甲子園(ゴルフパートナー presents 令和元年度 全国高等学校ゴルフ選手権大会・全国中学校ゴルフ選手権大会)」個人の部だが、高校男子(セントラルGC東C・茨城県)で連覇に挑む久常涼(岡山県作陽高校2年)が、通算イーブンパーの33位タイと出遅れた。


最終ホールでもアプローチを約1メートルにつけながら、短いパットを外してボギー。その瞬間、ガックリ肩を落とした。

「ダメですね。一つひとつの調子は悪くないのですが、全体的にかみ合いません。途中、連続バーディがきたのですが、終わってみればイーブンパーですから……」

ディフェンディングチャンピオンとしての気負いはなく、昨年は昨年、今年は今年と気持ちを切り替えて臨んでいる。だからこそ、このかみ合わせの悪さに「いつよくなるんでしょうね?」と悩みは深い。

作陽高校といえば、先に偉業を達成した渋野日向子の母校。

「地元でも岡山県の誇り、作陽高校の誇りとしてすごく話題になっています。ボクも続きます! と元気にコメントしたいところですが……。それでも明日の最終日は、マネジメントどおりにプレーできるように全力を尽くします!」

と気丈に前を向いて会場を後にした。

<ゴルフ情報ALBA.Net>