プロ転向から替えずに使い続ける愛用パター  「一番愛情を注いでいます」【勝者のギア】

プロ転向から替えずに使い続ける愛用パター  「一番愛情を注いでいます」【勝者のギア】

プロ転向から替えていない愛器とともに憧れの大会を制した(撮影:福田文平)

先週の「北海道meijiカップ」は、今季から日本ツアーに参戦する韓国出身の25歳、ペ・ソンウが優勝。トータル12アンダーで並んだテレサ・ルー(台湾)とのプレーオフを1ホール目に制し、悲願の日本初優勝を挙げた。


「中学生の時に、テレビで初めて見た日本ツアーがこの大会でした。その舞台に立つことをずっと目標にしてきたけど、まさか初優勝までできるなんて。本当にうれしいです」。こう喜びを語ったソンウ。“お菓子10年分”という優勝副賞に憧れ、この試合に出ることを目標にゴルフに励んできた少女が、初優勝をそこで射止めるとは、なんとも“おしゃれなシナリオ”だ。

だが体調は決して万全とはいえなかった。4戦前の「ニッポンハムレディス」では脇腹を痛め棄権。今も完治には至っておらず、リハビリを続けながらコースに出ている。「今はボールが打てることが幸せ」と話したが、そのケガへの対策はクラブにも施されている。ドライバーとスプーンのシャフトに、フジクラの『Speeder569 EVOLUTION VI』を挿しているのだが、これは「以前のものより走ってくれるから、楽に打てる」と患部への負担減も考え「センチュリー21レディス」から投入したもの。

ヘッドは、タイトリストの低スピンで小ぶりが売りの最新モデル『TS4』にシーズン中にスイッチ。この2つが組み合わさり、今大会でもフェアウェイキープは3日間で、42ホール中33ホール。痛みが残るなか、率にして約78%を記録し全体の5位タイにつけ、試合を優位に運ぶことにつなげた。

そんなソンウに一番好きなクラブを聞いてみると、「パター」という答えが返ってきた。その思いはかなり深く、「私が一番愛情を注いでいるものがパターなんです。プロ転向(2012年)してから替えていないので、もう6〜7年近く使っているのでしょうか」と、スコッティキャメロンの『フューチュラX5』とともにキャリアを歩んできた。プレーオフで奥3メートルにつけたバーディパットを決めたのも、当然ながらこの愛器だ。

また、これまで日本ツアーで活躍した韓国選手の系譜をたどるように、ソンウもパーオン率で10位につけるショットメーカーぶりを発揮するが、その正確なショットを支えているのは、タイトリスト『AP2 フォージド718』。さらに、こちらも「大好き」と話すウェッジは、同社の「SM7」を昨年から使っている。

すでに日本女子プロゴルフ協会(LPGA)の正会員資格が与えられる賞金シード入りは確実にしていたが、この優勝によって“一足早く”それを行使できることが決定した。「やったー!当然登録します」と無邪気に笑った25歳は、これから何度も優勝争いを演じることになるだろう。

【ペ・ソンウのクラブセッティング(WITB=What’s in the Bag)】
1W:タイトリスト・TS4ドライバー(8.5度)
(フジクラ・Speeder569 EVOLUTION VI / R / 45インチ)
3W:タイトリスト・917 F3(13.5度)
UT:タイトリスト・816 H1(21度、23度)
5I〜PW:タイトリスト・718 AP2
W:タイトリスト・SM7(48度、52度、58度)
PT:スコッティキャメロン フューチュラX5 プロトタイプ
BALL:タイトリスト PRO V1x

<ゴルフ情報ALBA.Net>