渋野日向子、空前のフィーバーに戸惑い 「有名人?一般人でいさせて」

渋野日向子、フィーバーに戸惑い 「静かに生きていきたい」と本音漏らす

記事まとめ

  • 渋野日向子は13日、「キヨキヨしたい」と白糸の滝を訪れたが、顔バレし10分で終了
  • 「だいぶ前から言っていたけど、静かに生きていきたい」と思わず本音が漏れた
  • インスタグラムもフォロワー数が急上昇しているが、「一般人でいさせて」と語った

渋野日向子、空前のフィーバーに戸惑い 「有名人?一般人でいさせて」

渋野日向子、空前のフィーバーに戸惑い 「有名人?一般人でいさせて」

笑顔で練習に励む渋野日向子(右) 「一般人でいさせて」という本音も(撮影:ALBA)

<NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 事前情報◇14日◇軽井沢72ゴルフ 北コース(長野県)◇6,705ヤード・パー72>

この日も、遠目からでも分かるほど多くのカメラを引き連れて練習ラウンドを行っていた渋野日向子。ラウンドが終われば、取材にテレビインタビューにと相変わらず注目の的となっている。


前日は午前中で会場を引きあげ、「キヨキヨしたい」と白糸の滝を訪れたが、「顔バレしたので」とやむなく10分で終了。「“すみません、写真撮っていいですか?”って言われて。私が撮るもんだと思って“いいですよ”って言ったら、あ、私と撮るんだって(笑)」。せわしない日々も明るく笑い話にしてしまうが、思わず本音がポロリ。「だいぶ前から言っていたけど、静かに生きていきたい」。インスタグラムもフォロワー数が急上昇しているが、「有名人?一般人でいさせてって感じです」と、周囲の熱とは裏腹に本人はいたって素のままだ。

この日は途中から土砂降りとなったが、「このくらいの雨でも試合はやるでしょ?途中でやめるとやる気なくなっちゃうし」と、誰もいない練習グリーンで最後までパッティングドリルを完遂。「先週ほどの疲れはないので、もうちょっとましなプレーができるかと思う。あとはテキトーに頑張ります」と語った。

先週の「北海道meijiカップ」では、2006年に札幌国際CC島松コースに会場を移して以降の大会最多となる3日間で1万6407人を動員。快挙達成から2週が経っているとはいえ、東京から比較的アクセスのいい本大会でもフィーバーが予想される。渦中の本人が戸惑うほどの注目の高さ。果たして、2日後に控えた大会開幕はどうなるのか。

<ゴルフ情報ALBA.Net>