甲子園球児も注目! 『シブコ聖地』巡礼を聞き笑顔「パワーをもらいに来てくれた」

甲子園球児も注目! 『シブコ聖地』巡礼を聞き笑顔「パワーをもらいに来てくれた」

これはバット…ではなくクラブです 渋野日向子が高校球児からもパワーをもらった(撮影:村上航)

<NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 事前情報◇15日◇軽井沢72ゴルフ 北コース(長野県)◇6,705ヤード・パー72>

今や国民的人気者となった渋野日向子。本大会の前売り券は前年比106%で、先週の「北海道meijiカップ」では会場が移った2006年以降で大会最多の動員数を記録したが、ここ軽井沢でも引き続き注目の的となっている。


常に取材がついて回り、観光に出かければ写真撮影を求められるなどすっかり有名人。「静かに生きていきたい」と語る渋野には若干つらいところもあるだろう…。しかし、「声をかけてもらえたら、全然受けますよ」と笑顔だ。

地元では嬉しい反響もあった。夏の全国高校野球に出場する、地元の岡山学芸館高の球児たちが、渋野が通っていた練習場を訪れたというのだ。「ベンチに入っていない子たちが、自転車をこいで来てくれた。私はいなかったんですけど、パワーをもらいにって。支配人が動画を送ってくれました」。渋野自身もソフトボールを続けていたとあって、甲子園の結果はチェックしていた。ベンチ入りしているメンバーには渋野が通っていた中学校の後輩もいるようで、応援コメントなども残してくれていったという。

その学芸館高の次戦は、台風の影響で順延となったこともあり本大会の初日と同じ16日(金)に作新学院(栃木)との3回戦が待っている。パワーをもらいにきた球児たちから渋野自身もエールを受けつつ、体調面に少し不安を残すものの「ゴルフはキレキレといっていいと思います」とキッパリ。「全英AIG女子オープン」を含め、ここまで“オーバーパーなし”記録は25ラウンドをマーク。ずっと憧れていたという軽井沢の地で、今週も活躍が期待できそうだ。(文・谷口愛純)

<ゴルフ情報ALBA.Net>