こちらも“スマイル”が満開!イ・ボミが2年ぶりの軽井沢へ

こちらも“スマイル”が満開!イ・ボミが2年ぶりの軽井沢へ

好調イ・ボミ 会場での表情も明るい(撮影:村上航)

<NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 事前情報◇15日◇軽井沢72ゴルフ 北コース(長野県)◇6,705ヤード・パー72>

『スマイル・シンデレラ』こと渋野日向子ブームが到来する中、『スマイル・キャンディ』も復活の兆しを見せている。


2週前の「大東建託・いい部屋ネットレディス」(8位タイ)で、3試合連続でトップ10入りを果たしたイ・ボミ(韓国)。先週の「北海道meijiカップ」では予選落ちとなったものの、賞金ランクは47位(約1400万)とシード圏内に浮上し、昨年の83位からV字回復が望めそうだ。

2年ぶりに参戦する軽井沢は、以前に比べトータルで50ヤード増。インコースでは2番パー5が14ヤード増(553ヤード)、4番パー4が23ヤード増(412ヤード)とだいぶ景色が変わった。14日はインコース9ホールを回って調整。「グリーンも軟らかいけど、コースがすごく長くなったのでその分どうなるかという感じ。スコアが毎年15アンダー以上ですごいじゃないですか。コースもすごくキレイなので、みんな伸び伸びでいくと思う」と語った。

本大会では2014年に優勝。17年は7位タイ、15年は12位タイと好成績を残している。肝心な自身の調子については「私はまだスイングを気にしている段階。今はちゃんとスイングができるように集中したい」と慎重な姿勢を見せるが、表情は明るい。プロアマや、ホールアウト後に選手と話す最中も元気な笑顔を見せていた。

次週も2勝を挙げている「CAT Ladies」と好相性大会が続く。笑顔とともに、元賞金女王の輝きを取り戻せるか。(文・谷口愛純)

<ゴルフ情報ALBA.Net>