選手考案のオリジナルグッズが販売! シブコフィーバーは追い風となるか

選手考案のオリジナルグッズが販売! シブコフィーバーは追い風となるか

オリジナルタンブラーを手に笑顔を浮かべる有村智恵(撮影:佐々木啓)

<NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 事前情報◇15日◇軽井沢72ゴルフ 北コース(長野県)◇6,705ヤード・パー72>

今週から、プレーヤーズ委員(協会と選手間の取りまとめ役となる組織)が考案したオリジナルタンブラーが販売される。「お客さんにオリジナルのものを作ってもらいたい」とテーマを語ったのは、委員長を務める有村智恵。


タンブラーの中の台紙を替えれば、模様を自由に交換できるデザインに。台紙は4色用意されており、そこに好きな選手のサインをもらうしくみだ。「観戦に来てくれる方が、ちょっとでも楽しくなれるプラスアルファのものがあればと思います。観戦に来ても使えるし、日頃にも使えるものを作りたかった。これをきっかけに、女子ゴルフ界に興味をもってくれる人が増えたらと思います」と語った。

渋野日向子の全英制覇で、ゴルフ界全体に注目が高まっている今、こういった取り組みは相乗効果にもなる。「彼女のおかげで、今まで知らなかった人も興味を持ってくれている。選手がゴルフに集中できる環境もしっかりつくらないといけないと思いますが、彼女がきっかけを作ってくれたのでどんどん広めていけたら。日向子ちゃんに感謝ですね」と話した。なお、タンブラーは試合会場で1個3000円(税込み)で販売される。

以下、注目選手のコメント集

■渋野日向子
「雨が降っていたわりにはグリーンがけっこう速かった感じでした。ラフも結構長いですし、入ったら難しいと思うのでショットが大事。お盆シーズンなのでたくさんの人がくると思いますが、楽しんでできたらなと思います。ゴルフの状態はキレキレって言っていいと思います。(オーバーパーなし記録は)記録を抜いてから(オーバーパーを)打つなら打ちたいですけど、今週も打つかもしれないですし、そんなにプレッシャーをかけずにやろうと思います」

■原江里菜(ホステスプロ)
「調子は100点というわけではないですけど、それを受け入れて自分のできることに集中してできたらいい。自分が攻められないホールではしっかり我慢して、攻められるホールでしっかりバーディを獲って行ければスコアが出せるかと思います。全英が終わって、女子プロゴルフ界がとても盛り上がっているので、この試合では私が盛り上げられたら」

■安田祐香
「メジャーで優勝された選手で、一番注目されている選手と一緒の組になったのですごくうれしいです。得るものもたくさんあると思うので、スイングとかではなく勢いのあるプレーを近くで見たいなと思います。目標は予選通過。ミスの少ないゴルフができたらいいなと思います」

<ゴルフ情報ALBA.Net>