大歓声のなか渋野日向子が「67」好発進 環境激変にも…「自分らしくありたい」

【NEC軽井沢72ゴルフトーナメント初日】渋野日向子、5アンダーと上位発進

記事まとめ

  • 全英女子優勝の渋野日向子は「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」で実力を見せつけた
  • 初日は6バーディ・1ボギーの「67」でホールアウトし5アンダーと上位発進した
  • 渋野は、連続オーバーパーなし記録も『26ラウンド』に更新した

大歓声のなか渋野日向子が「67」好発進 環境激変にも…「自分らしくありたい」

大歓声のなか渋野日向子が「67」好発進 環境激変にも…「自分らしくありたい」

渋野日向子が好発進を決めた(撮影:佐々木啓)

<NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 初日◇16日◇軽井沢72ゴルフ 北コース(長野県)◇6,705ヤード・パー72>

2週前の全英女子優勝から、国内2連戦に臨んでいる渋野日向子が、「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」初日もその実力を見せつけた。6バーディ・1ボギーの「67」でホールアウト。5アンダーと上位発進を決めた。


先週に続き、多くのギャラリーが集まった軽井沢決戦。スタートの1番では「幸先がいいなと思った」というチップインバーディを奪い、いきなり会場を沸かせた。「獲るべき場所でしっかり伸ばせた」と、この日は4つあるパー5(2番、9番、13番、16番)でバーディ率100%を記録。「初日にしては上出来です」と納得のプレーで、連続オーバーパーなし記録も『26ラウンド』に更新した。

「ギャラリーの数は先週以上だったので正直びっくりしました。なかなか周りを見る余裕もなかったけど、声をかけてもらえて嬉しいです」と、相変わらずのフィーバーは続く。そのなかでも「自分らしくやりたいけど、こういう状況なので変わってしまうところもある。でも周りの人に“自分らしく”と言われたので、そうありたいと思います」とこれまでと変わらず、自分がやるべきことをしっかりとこなしていく。

「例年伸ばし合いになるので、明日もしっかり伸ばしたい」。凱旋Vも望める位置で2日目に向かっていく。

<ゴルフ情報ALBA.Net>