渋野日向子は1打足りず優勝ならず 18番のボギーに「最後で全てを台無しにしてしまった」【ホールアウト後インタビュー全文】

渋野日向子は1打足りず優勝ならず 18番のボギーに「最後で全てを台無しにしてしまった」【ホールアウト後インタビュー全文】

3パットの後、悔しさを見せる渋野日向子(撮影:佐々木啓)

<NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 最終日◇18日◇軽井沢72ゴルフ 北コース(長野県)◇6705ヤード・パー72>

夏の軽井沢決戦「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」は全競技が終了。穴井詩が、イ・ミニョン(韓国)とのプレーオフを制して今季初優勝を挙げた。渋野日向子は一時首位タイに立ったものの、最終18番でまさかのボギー。1打足らずトータル13アンダーの3位タイで終わった。


前半で3つ伸ばして首位タイで折り返した渋野だったが、14番で2mを沈めると15番では約7mを入れて連続バーディ。ここでようやくトレードマークの笑顔を見せたが、首位タイで迎えた18番で約5.5mから3パット。優勝のチャンスから一転、悔しい結果に終わった。

以下、ホールアウト後のインタビュー一問一答

Q.今の気持ちは?
めちゃくちゃくやしいです。

Q.やはり最後ですか?
最後決めたい距離ではありましたが、それでもパーでプレーオフにしないといけなかった。3パットしてしまったのは本当に悔しいです。

Q.18番に入る前、首位で3人が並んでいましたが?
その状況は知っていました。プレッシャーは思わないようにしていましたが、ちょっとあったのかもしれません。

Q.軽井沢での3日間は?
最後までいいプレーができたのですが、その最後で全てを台無しにしてしまったのがちょっと悔しいです。

Q.最終ホール振り返っていかがですか?
(バーディパットを)ショートしないように、と思って打ちましたが思ったように手が動かなくて。インパクトの瞬間から「あっ、入らないな」と思いました。返しもかすりもせんかったので、本当に情けないなと思います。

Q.緊張感はありましたか?
ありましたね。全英のときも多少はありましたけど。何か思ったんでしょうね。何かは分からないですが。

Q.それでも3日間連続でスコアを伸ばしました
(トータル13アンダーは)良かったかなと思いますけど、もうちょっと伸ばしたいなと思うところもありました。今日は本当にアプローチを寄せて、最後以外ボギーがなく回れていたので良かったかなと思います。

Q.アプローチ、パターともに素晴らしかったですね
今日前半9パットだったので。どんだけ(グリーンに)乗らないんだろって(笑)その中でもボギーが少なく回れたのは良かった。

Q.今日もたくさんのギャラリーが訪れました
たくさんの応援があってここまでこられたのですが、最後の最後で台無しにしてしまったのは本当に申し訳ないです

Q.今後の目標は?
しっかり今日も攻めのプレー、自分のプレーはできていたので。これからもそういったプレーをできるように、みなさんに楽しんでもらえるようなプレーができるようにしたいと思います。この悔しさは次につながると思う。経験だけにしないようにしたいと思います。

<ゴルフ情報ALBA.Net>