穴井詩が猛チャージで勝利!…も、実は内心ヒヤヒヤでした

穴井詩が猛チャージで勝利!…も、実は内心ヒヤヒヤでした

大ギャラリーの前で…穴井詩がツアー3勝目!(撮影:佐々木啓)

<NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 最終日◇18日◇軽井沢72ゴルフ 北コース(長野県)◇6705ヤード・パー72>

熱気に包まれた「NEC軽井沢72ゴルフ」は、トータル14アンダーで並んだ穴井詩とイ・ミニョン(韓国)のプレーオフにもつれ込んだ。


最終組の3組前で先にホールアウトした穴井。穴井の1組後でミニョンが14アンダーであがり、プレーオフが決定。最終組の渋野が5mのバーディパットを決めれば3人のプレーオフという状況。モニターを見ながら、「ワンチャン入れてくるんじゃないかと思いました」。ところが、渋野が3パットのボギーで脱落。

プレーオフ1ホール目で、ミニョンがボギー。数10cmのパーパットを沈めた穴井が、大ギャラリーにあふれる軽井沢での栄冠をつかみ取った。2日目は16番までで4つスコアを伸ばしてスコアボードを駆け上がったが、17番パー3でティショットを池に入れて痛恨のダブルボギー。「そのおかげで燃え上がりました。その分は、絶対に取りかえすと思って今日はやっていたので。やってやりました!」と力強い笑顔を見せた。

しかし、実はプレーオフは自身初。「自信は全くなかったです。もともと緊張しいなので、手足がガクブルしてました」と、内心はヒヤヒヤだった。「まさか今日勝てるとは思っていなかった」と、17年「センチュリー21レディス」以来となるツアー3勝目を喜ぶ。

勝利を手にしていなかった2年は、「単純にまだ力が足りない。まだまだこんなレベルじゃ勝てないなと思っていた」。しかし、昨年はトップ10入りが7度で賞金ランクは27位。今季は9度のトップ10入りで賞金ランク10位につけるなど、実力は確かなもの。今季は12月からトレーニングにもより力を入れてきた。「手応えはいつもそんなにないんです。まだまだ全体的に下手くそなので」と謙虚なチャンピオンは、この日に集まった6786人の大ギャラリーの歓声を一身にうけ、両手を大きく空に掲げた。(文・谷口愛純)

<ゴルフ情報ALBA.Net>