松山英樹が猛烈チャージで3位 ジャスティン・トーマスが逃げ切りV

【BMW選手権】松山英樹が3位終了で最終戦進出へ 優勝はジャスティン・トーマス

記事まとめ

  • 松山英樹がBMW選手権の最終日で再び『63』をマーク、トータル20アンダーで3位に入った
  • 優勝したのは首位から出たジャスティン・トーマスで、タイガー・ウッズは37位だった
  • 松山はフェデックスカップでも30位以内に入ったため、最終戦進出を決めている

松山英樹が猛烈チャージで3位 ジャスティン・トーマスが逃げ切りV

松山英樹が猛烈チャージで3位 ジャスティン・トーマスが逃げ切りV

年間王者に弾みをつけたジャスティン・トーマス(撮影:GettyImages)

<BMW選手権 最終日◇18日◇メダイナCC(イリノイ州)◇7613ヤード・パー72>

米国男子ツアーのフェデックスカップ・プレーオフシリーズ2戦目「BMW選手権」最終日。首位から出たジャスティン・トーマス(米国)がトータル25アンダーで2位に3打差をつける逃げ切り優勝を飾った。


2日目に「63」をマークして首位に浮上するも3日目に「73」と足踏みした松山英樹は、この日10バーディ・1ボギーで再び「63」をマーク。トータル20アンダーで3位に入り、フェデックスカップでも30位以内に入り、最終戦進出を決めた。

パトリック・キャントレー(米国)がトータル22アンダーで2位。トニー・フィナウ(米国)がトータル18アンダーの4位。ジョン・ラーム(スペイン)とブラント・スネデカー(米国)がトータル16アンダーの5位タイに入っている。

タイガー・ウッズ(米国)はトータル7アンダーでジョーダン・スピース(米国)らとともに37位タイどまり。ウッズ、スピースともに最終戦進出を逃している。

<ゴルフ情報ALBA.Net>