原英莉花と吉本ひかる 黄金世代のミズノ女子が互いに「勝てない」と思うところは?

原英莉花と吉本ひかる 黄金世代のミズノ女子が互いに「勝てない」と思うところは?

仲良し2人がミズノの新アイアンをアピール(撮影:鈴木健夫)

19日(月)、神奈川県横浜市にあるハンズゴルフクラブで行われたミズノの新製品発表会に原英莉花と吉本ひかるの“ミズノ女子”が登場。世間話もよくするという2人は黄金世代の同級生で仲もいい。吉本の試打風景を見ていた原が、ぼそっと「かわいい…」とつぶやくなど、和気あいあいのムードで会は進行していった。そこで、お互いについてどう思っているのか聞いてみた。


2人がよく話すようになったのは、昨年1月のミズノの集まりから。もちろん互いの名前は知っていたが、出身が東と西(原が神奈川県、吉本が滋賀県出身)ということもあって、なかなか接点がなかったようだ。

そんな2人だが今では仲良し。原から見ると吉本は「とにかくかわい〜」という感じらしい。「めちゃめちゃ関西弁がかわいい。いつも話していると移っちゃうんです。マネしちゃいます(笑)」とキャラをべた褒め。ゴルフの面も「正確性があって、パッティングが上手だなと思います」と賞賛した。

一方の吉本は「スタイルもいいし、めっちゃ顔小さいし、きれい!(笑)」とルックス面の良さを強調。「やのにゴルフはパワフルというか飛ぶし、かっこいいなって思います」と得意?の関西弁を交えつつ、自分とは違うプレースタイルを褒め称える。

そんな対照的な2人に「ここは勝てない」と思う部分を聞いてみると…。

吉本は「私は飛距離と身長(笑)!」と即答。原は「考えたことないなぁ」と言いつつ「パッティングですかね。あとは自分も頑張りたいけどアイアンもすごい」。そして間をおいてから、「勝てないところあった!」と言って出てきたのは、「キュートさ!(笑)」。とにかく吉本が可愛くて仕方ないらしい様子だった。

ここまで互いの評価は対照的だったが、今後に向けては「前半戦で1つ勝てましたが、これに満足しないように。また優勝できるように頑張りたいです」(原)、「前半戦で優勝争いはできたのですがまだ勝てていないので、まず初優勝できるように頑張りたいです」(吉本)と、ともに勝利に向けて意気込んだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>