手嶋多一、歴代2番目の賞金シード連続記録が途切れる…出場権ある来年は「原点に」

手嶋多一、歴代2番目の賞金シード連続記録が途切れる…出場権ある来年は「原点に」

「終わりました」 手嶋多一の連続シード記録は“22”で途絶えた(撮影:ALBA)

<カシオワールドオープン 2日目◇23日◇Kochi黒潮カントリークラブ・高知県(7335ヤード・パー72)>

「終わりました」。予選落ちを喫して、歴代2番目の長さとなる22年間シードを守り続けてきた手嶋多一はシード陥落が決まり、すがすがしい顔でそう話した。


苦しかった1年を「最後の3試合はもったいなかったですが(3戦連続予選落ち)、それ以上に前半戦でしっかり稼げていないですね。予選を通っても下の方だったので。それが良くないですね」と振り返った手嶋。「体力的なものを感じました。このオフは色々考えてやろうかなと思う」と言いつつも、「(トレーニングは)やらないです(笑)」と答えるあたりはさすが大ベテランといったところか。

連続シードが途切れても「もう十分です。26歳からここまで来たんですから」と暗くなることはない。「来年もおかげさまでまだ試合に出られる(14年日本プロ優勝の5年シード)ということで、また何か新しいことを挑戦しながら頑張りたい」と顔を上げる。

その1つが“丁寧さ”である。「今日回っていて雑にやっているなと思いました。集中力を欠いているかなと。同じ組の出水田(大二郎)くんは強い風の中でも丁寧にやっていました」。若いときにできていたことができなくなっていた。「年を取るとピンばっかり狙いたくなるんですよ」。

例えばコースが改修された今年の「三井住友VISA太平洋マスターズ」がまさにそうだった。「ピンを狙ったときにミスが起こるように変わっていて、僕はことごとく罠にハマってしまっていました。遠回りしてでもパーを拾うようなゴルフをしないといけませんね。自分はそういうゴルフをやってきたんで」と反省する。

「そういう意味でも原点に、というかもうちょっと丁寧にね。谷口(徹)さんとか藤田(寛之)くんも頑張っているので、ちょっと見習いたい」。すでに来季の賞金シードを手中に収め、自身の記録に並んだ2人の同年代の名前を引き合いに出して、来季の逆襲を誓った。(文・秋田義和)

【賞金ランキングによる翌年度シード権獲得連続記録】※カシオ予選ラウンド終了時点
1位:尾崎将司 32年(73年〜04年)
2位:杉原輝雄 22年(73年〜94年)
2位:手嶋多一 22年(96年〜17年)記録ストップ
2位:谷口徹 22年(97年〜18年)継続中※今季獲得分含む
2位:藤田寛之 22年(97年〜18年)継続中※今季獲得分含む
2位:片山晋呉 22年(97年〜18年)継続中※今季獲得分含む
7位:中村通 21年(73年〜93年)
8位:金井清一 19年(85年〜03年)
8位:渡辺司 19年(85年〜03年)
10位:鈴木亨 18年(93年〜10年)
10位:宮本勝昌 18年(00年〜17年)記録ストップ
12位:D・スメイル 17年(98年〜14年)
13位:青木功 16年(73年〜88年)他

<ゴルフ情報ALBA.Net>