24歳の実力派韓流美女がサードQT首位通過 日本ツアー挑戦を決めた理由を独占激白

24歳の実力派韓流美女がサードQT首位通過 日本ツアー挑戦を決めた理由を独占激白

サードQTを首位通過したペ・ソンウ(写真は昨年の「THE QUEENS presented by KOWA」)(撮影:GettyImages)

来季の日本ツアーの出場権をかけた予選会に参戦しているペ・ソンウ(韓国)が、サードQT(A地区)もトップで通過。実力派の韓流美女が日本参戦に王手をかけた。


ソンウは今季メジャー「ハイトジンロ選手権」など今季韓国ツアー2勝。賞金ランクでは米国ツアーのQTを首位通過したイ・ジョンウン6に次ぐ2位につけている。昨年まで行われていた4大ツアー対抗戦「THE QUEENS presented by KOWA」には15年から3年連続で韓国ツアー代表として出場している。

また、ゴルフの実力だけでなく、イ・ボミ、キム・ハヌル、8頭身美女ユン・チェヨンも務めてきたKLPGAの広報モデルを勤めるなどルックス面での評価も高い選手だ。

そんなソンウが日本ツアーを目指したきっかけは、「ジュニアの頃からの夢」だったから。「テレビで日本ツアーを見たんです。その時に、確かmeijiカップだったかと思いますが、その時に副賞でチョコレートをもらっているプロを見て日本に行きたいと思いました(笑)」なのだとか。

続けて「そして、THE QUEENSに3回参加させていただいたときに日本のゴルフ文化がとても好きになりました。ツアー別とは言え国別対抗戦なのに、良いプレーにはチーム関係なく拍手してくれる方、私は日本人ではないのに励ましの言葉をかけてくださるギャラリーに感動しました。ゴルファーがとても大事にされていることに感謝の気持ちでいっぱいでした。日本でプレーしたい、とその時に決めました」(ソンウ)

ファーストQTから圧倒的な実力を見せつけているが「トーナメントより緊張するし、なかなか自分のプレーをすることができません」とまだまだ本調子ではない。「ファイナルQTでは自分らしいプレーをしたいと思います」と夢に向かって、最終関門の72ホールを戦う。

<ゴルフ情報ALBA.Net>