賞金シード争いも決着…選手の悲喜こもごも 佐伯三貴「往生際が悪いですよね(笑)」

賞金シード争いも決着…選手の悲喜こもごも 佐伯三貴「往生際が悪いですよね(笑)」

佐伯三貴は賞金ランク45位でシード復帰(撮影:上山敬太)

<大王製紙エリエールレディスオープン 最終日◇18日◇エリエールゴルフクラブ松山・愛媛県(6525ヤード・パー72)>

今季優勝者や賞金ランク25位以上の選手は、来週の「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」が今季最終戦となるが、それ以外の選手にとってはここ愛媛が2018年の締めくくり。そして最終日のこの日は、来季のシード権への“悲喜こもごも”が見られた。シード獲得、復帰、喪失…そんな選手の声をお届けする。


■佐伯三貴(賞金ランク45位、賞金シード復帰、2年ぶり10度目)「前半は苦しかったけど、来年またフルで出られるので、安心。(終盤の追い上げに)ねー、往生際が悪いですよね(笑)。私は賞金シードにあまり執着しないタイプ。良くても悪くても結果を受け入れるというスタンスなので、追い込まれなかったことが、いい結果に結びついたのかもしれない」

■木戸愛(同46位、賞金シード保持、8年連続8度目)「もっと強くなりたいという気持ちが強くなりました。しっかりと今後向き合っていきたい。勉強になった一年で、無駄なことは一つも無い。来年、これを生かしてもっと頑張りたい」

■一ノ瀬優希(同47位、賞金シード復帰、3年ぶり8度目)「今日は体調不良のなかのラウンドでガマンの展開のなか60台が出せて嬉しい。(シードへの意識は)自分はしていなかったけど、周りの人が『もう少しだね』とか連絡してきて意識せざるを得なかった(笑)。リランキングなどを意識すると休みたいのに休めない時もある。一年間通してのスケジュールを組めるため、このシード入りはとても大きい」

■大里桃子(同49位、初の賞金シード)「今年は優勝したから入れたようなもの。来年は勝てなくても安心してこの時期を迎えられるようになりたい。課題もはっきりした1年だった。来季に向け、一つひとつ克服していきたい」

■安田彩乃(同53位、賞金シード獲得ならず ※来季前半戦出場権獲得)「2日目にいいプレーができたが、決勝ラウンド2日間オーバーパーとなったのはすごく悔いが残る。でもこれが現実。しっかりと受け止め、反省し、来年に向けて切り替えたい。最後まで(シードを)諦めないという気持ちでやったんですけど、結果的に届かなかったのは仕方ない」

■渡邉彩香(同55位、賞金シード陥落 ※来季前半戦出場権獲得)「ここ2週間『こうやれば大丈夫』というものをつかめた。今週もショットに対する不安はなかった。ずっとショットにウエイトを置いて練習していたので、パッティングがオフの課題になる」

■金田久美子(同56位、賞金シード復帰ならず)「悔しい一年。まずはQTを通ることを考える。そのうえで来季は10ヤードでも15ヤードでも飛距離を伸ばすことを考えたい。トレーニングをして、飛ぶように準備したい」

■金澤志奈(同57位、賞金シード初獲得ならず)「本当に疲れました。1つでも伸ばさなきゃという気持ちでスタートしましたが、1番で1.2mのバーディパットを外して流れが悪くなってしまい、それで終わってしまいました。結果は受け入れていきたい」

■キム・ヘリム(同59位、賞金シード獲得ならず)「自分のゴルフ人生でいうと今までに無かった一年で、あまりいい記憶がない年。どうやって過ごしたか分からないくらい、あっという間だった。海外ツアーには出たことがなかったので、これもいい経験になりました。来年のことは、終わったばかりなので、これからゆっくり決めていきたいと思う」

■サイ・ペイイン(同64位、賞金シード陥落)「スイングの調子が悪くて、それを立て直せない一年だった。QTの準備を進めて、気持ちを切り替えたい。ショートアイアンとパターが来季の課題」

■西山ゆかり(同69位、賞金シード陥落)「今日は最後まで諦めずにやろうとスタートしたのに、バーディを獲れない現実に悲しい気持ちになった。一年地に足が着いていなかった。QTで出場権を獲得して、来年は今までにないくらいのいい年にしたい」

■O・サタヤ(同70位、賞金シード陥落)「今年はいろいろあった一年。スタートから調子が良くなかった。だけど、今は調子がいい。QTはたぶん大丈夫だと思う!」

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連ニュース】