国内男子ツアー第2ラウンドは日没のため順延 暫定首位に石川遼

国内男子ツアー第2ラウンドは日没のため順延 暫定首位に石川遼

石川遼ホールアウト時から一気に雨は強くなり…(撮影:鈴木祥)

<長嶋茂雄INVITATIONALセガサミーカップ 2日目◇23日◇ザ・ノースカントリーゴルフクラブ(北海道)◇7178ヤード・パー72>

悪天候のため約2時間半の中断をはさんだ第2ラウンドは、競技進行が大幅に遅れ、日没のため18時4分にサスペンデッドが決定した。


暫定の首位にはトータル11アンダーまで伸ばした石川遼。暫定2位にはトータル9アンダーのプロム・ミーサワット(タイ)。トータル6アンダー・暫定3位タイにいずれもすでにホールアウトしている池田勇太、堀川未来夢、星野陸也、幡地隆寛、ジュビック・パグンサン(フィリピン)がつけている。

なお、午後スタートの選手はひと組を除いてホールアウトできず。翌朝7時から第2ラウンドを再開し、決勝ラウンドに入る第3ラウンドは午前10時30分からを予定している。

<ゴルフ情報ALBA.Net>