H・ステンソンが地元で「62」を叩きだし2位T浮上 川村昌弘は22位Tに後退

H・ステンソンが地元で「62」を叩きだし2位T浮上 川村昌弘は22位Tに後退

ステンソンが地元で躍動!(撮影:GettyImages)

<スカンジナビア招待 2日目◇23日◇ヒルズゴルフ&スポーツクラブ(スウェーデン)◇6865ヤード・パー70>

スウェーデンで行われている欧州男子ツアー「スカンジナビア招待」は2日目の競技が終了。トータル11アンダーまで伸ばしたイングランドのマシュー・フィッツパトリックが首位に立っている。


2打差の2位タイにはこの日「62」をたたき出した地元スウェーデンのヘンリック・ステンソンと中国の呉阿順。トータル8アンダーにはヨアキム・ラガーグレン(スウェーデン)、ジェイソン・スクリブナー(オーストラリア)が続いている。

日本勢は川村昌弘がトータル3アンダーの22位タイに後退。宮里優作はトータル2オーバーの96位タイ、谷原秀人はトータル7オーバーの137位タイで予選落ちを喫している。

<ゴルフ情報ALBA.Net>