「陸也に申し訳ない」松山英樹がまさかの誤球 同組星野陸也と同一球ゆえの珍事

「陸也に申し訳ない」松山英樹がまさかの誤球 同組星野陸也と同一球ゆえの珍事

誤球で2罰打を受けた松山英樹(左)と星野陸也(撮影:鈴木祥)

<ダンロップフェニックストーナメント 初日◇15日◇フェニックスカントリークラブ・宮崎県(7027ヤード・パー71)>

世界一流に起こったまさかの事態。14番パー4、松山英樹はティショットを左ラフに打ち込み、セカンド地点に到達。同組の星野陸也も左ラフに打ち込み、松山の前方約5mに止まった。遠方先打。先に松山はラフからのショットをピン手前バーディチャンスにつけ、続いて星野がピンやや左へ打ち出し、ともにグリーンに向かって歩き出した。


ここからプレーが進まない。もう1人の同組、石川遼はバーディパットを残したまま。松山がグリーン上で自身のボールを確認しながら、なにやら空気が変わる。すると競技委員を要請し、話し合いの結果、松山、星野はセカンド地点に戻り打ち直し。今度は、星野が約5m後方の松山が打った場所から、松山は星野が打った場所から。実は互いにセカンドショットで誤球のミスを犯しており、ともに2ペナルティ。ダブルボギーとなってしまった。

打ち直しに戻る際、松山から星野に「ゴメン」の一言が送られ、続くホールでも2人が並んで歩く姿も見られたが、ともに動揺があったのか、松山は続く15番もボギー、星野も16番をボギーとするなど、一時は組に暗雲が立ちこめる展開。松山と星野は1オーバー、誤球事件には巻き込まれなかった石川も2オーバーでフィニッシュと全員が出遅れた。

松山、星野ともに大会主催のダンロップと用品契約を結び、使用するボールもともに「スリクソンZ-STAR XV」。ラフに入ってしまった状況で、ボールの確認が不十分だったといわざるをえない。これについて松山は、「(誤球は)初めてですね。僕だけ(罰打)だったらよかったんですが、陸也も2ペナルティになってしまったので…。申し訳なかったですね」と、神妙な表情で振り返った。

松山が先に星野のボールを打ってしまったとはいえ、星野もボール確認が不十分なまま、セカンドショットを打ってしまった事実に変わりはない。これについては「似ているボールだったので…。自分が先にボールを見ていれば防げたかもしれないですが、確認不足でした。松山選手に申し訳なかったです」と、反省を述べた。

要請を受けて駆けつけた古山聡競技委員によれば、「試合で誤球はあることはありますが、お互いに誤球するというのは極めて珍しいです」とのこと。同一メーカー、同一ブランド、同一モデルを使う同伴者がいる場合は、十分に注意をした上で、プレーを進めるという当たり前のことが、最注目組で浮き彫りになってしまった。

【参考】15-3 b ストロークプレー
●競技者が誤球に対して1回または複数回のストロークをした場合、競技者は2打の罰を受ける。
●競技者は、正球をプレーするか、規則に基づいて処置することによって、誤りを訂正しなければならない。競技者が次のティーインググラウンドからストロークをする前に誤りを訂正しなかったときは(ラウンドの最終ホールでは、パッティンググリーンを離れる前に誤りを訂正する意思を宣言しなかったときは)、競技失格となる。
●競技者により誤球でプレーされたストローク数は競技者のスコアに入れない。
●誤球が他の競技者の球であった場合、その球の持主は誤球のプレーが最初に起きた箇所に球をプレースしなければならない。

<ゴルフ情報ALBA.Net>