女王へ絶対的有利のアン・ソンジュは寒さに不安も… 今季クラブを替えまくった強みがここで生きる?

女王へ絶対的有利のアン・ソンジュは寒さに不安も… 今季クラブを替えまくった強みがここで生きる?

アン・ソンジュ、今週活躍するドライバーは!?(撮影:佐々木啓)

<大王製紙エリエールレディスオープン 事前情報◇14日◇エリエールゴルフクラブ松山(6525ヤード・パー72)>

申ジエ(韓国)が今週、来週と2連勝しなければ賞金女王戴冠、また今週自身が単独6位以上ならジエの順位に関係なくマネークイーンとなるアン・ソンジュ(韓国)。4季ぶり4度目の座へ絶対的に有利な状況だが、景気の良い話ではなく「今週は寒さが一番気になっています」とエリエールゴルフクラブ松山特有の気温の低さを警戒する声が先にきた。


寒さによって飛距離が出なくなること、手の感覚がなくなること以上にソンジュが警戒しているのが持病の首痛。今季は昨年ほどではないが、痛みが出て棄権した試合も少なくない。完治しているわけではないだけに、気になるのはゴルフの調子よりも首の調子だ。

それを踏まえて今週は、先週まで使用しているものよりも柔らかいシャフトをテスト。初日は先週と同様のシャフトでいく予定だが、「18ホールやってみてダメだったら考えようと思います」と状況に応じた対応をしていく構え。

試合中にクラブスペックを変更するのはリスクも少なくないが、今季5勝のドライバーがすべて別スペックというソンジュならお手の物だろう。ましてや優勝した「NOBUTA GROUP マスターズGCレディース」ではハーフ「30」をたたき出したドライバーを翌日スイッチしている。契約フリーならではの強み、経験がここで生きそうだ。

「女王のことは考えてないです。考えると悪いイメージしか出なくなるので。まずは自分がやりたいゴルフができるかどうかですね」と平常心を強調したソンジュ。状況に応じてドライバーを使い分けて5つの勝ち星を積み上げたシーズンを締めくくるのは、やっぱり別のスペックのドライバーなのかもしれない。(文・秋田義和)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連ニュース】