終盤の猛攻は圧巻 キュートな笑顔がはじけた最終日【カメラマンの景色】

終盤の猛攻は圧巻 キュートな笑顔がはじけた最終日【カメラマンの景色】

前半から笑顔が目立っていた永井(撮影:米山聡明)

毎週、ゴルフツアー会場で選手たちを撮影し続けるプロカメラマン。インサイドロープでプロゴルファーの凄みや熱気を感じ、ときおり会話のやりとりを見聞きするなど、“試合中の選手たちに最も近いメディア”であるツアーカメラマンが見た印象的な景色を紹介する【伊藤園レディス編】。


首位の松田鈴英を2打差から追った永井花奈が見せた終盤の追い上げは見事だった。「伊藤園レディス」最終日の勝負は実に、見応えがあった。

主役の座はもちろん優勝した黄アルム(韓国)だが、1打差で惜敗した永井のプレーにギャラリーのみならず、カメラマンも魅了された。大会を撮影した米山聡明カメラマンのその1人だ。

「5番でダブルボギーが先行しましたが、前半から笑顔が目立った永井選手。伊藤園の週は笑顔が際立っていたように思えます」(米山カメラマン)

笑う門には福来たる。後半に入ると11、12番で連続バーディ。15番からは圧巻の3連続バーディ。「笑顔で果敢に攻めている永井選手を見ていて気持ちよかったです。優勝には届きませんでしたが、とてもいい試合だったと思います」(米山カメラマン)。ツアー2勝目が待たれる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連ニュース】