川村昌弘は19位 D・ギャビンスが首位再浮上【欧州ツアーQT 3日目】

川村昌弘は19位 D・ギャビンスが首位再浮上【欧州ツアーQT 3日目】

通算10アンダー・19位タイにつけている川村昌弘(写真はマイナビABCチャンピオンシップ)(撮影:鈴木祥)

<欧州ツアーファイナルQT 3日目◇12日◇ルミネGC レイクスコース(6317ヤード・パー71)、ヒルズコース(6975ヤード・パー72)>

来季の出場権をかけて争われる「欧州ツアーファイナルQT」の3日目が終了。スペインのルミネGC・レイクスコース、ヒルズコースの2会場にて6日間108ホールの長丁場で行われ、セカンドQTなどを通過した156人が参加している。


日本ツアー賞金ランク上位者(8月末時点)の資格で出場している川村昌弘は、この日ヒルズコースをラウンド。5バーディ・3ボギーの「70」で回り、トータル10アンダー・19位タイにつけている。

初日に首位タイ発進を決めたダニエル・ギャビンス(イングランド)がこの日6ストローク伸ばし、トータル18アンダー・単独首位に再浮上。2打差2位タイにデビッド・ボルダ(スペイン)、クリスチャン・ブラオイニヒ(ドイツ)、クレメント・ソルデ(フランス)が続いた。

日系米国人のカート・キタヤマはトータル10アンダー・19位タイ。今年の日亜共催競技「レオパレス21ミャンマーオープン」を制したポール・ピーターソン(米国)は「72」と伸ばせず、トータル4アンダー・76位タイとしている。

【3日目の順位】
1位:ダニエル・ギャビンス(-18)
2位T:デビッド・ボルダ(-16)
2位T:クリスチャン・ブラオイニヒ(-16)
2位T:クレメント・ソルデ(-16)
5位:アレハンドロ・カニザレス(-15)
6位T:マルセル・シーム(-13)
6位T:ザンダー・ロンバート(-13)
6位T:アントン・カールソン(-13)

<ゴルフ情報ALBA.Net>