鈴木愛が「ちょー恥ずかしい!」ピンクのパターをテスト 実戦投入もある?

鈴木愛が「ちょー恥ずかしい!」ピンクのパターをテスト 実戦投入もある?

パット名人・鈴木愛がピンクパター?(撮影:岩本芳弘)

<ニトリレディス 事前情報◇27日◇小樽カントリー倶楽部(北海道)◇6650ヤード・パー72>

4日間大会でかつ、難コース・小樽カントリー倶楽部で行われることから「日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯」の前哨戦の意味合いも強い「ニトリレディス」。その指定練習日となった27日(火)、鈴木愛が何やら練習グリーンに映えるピンク色のパターを打っていた。


実はこのパター、9月6日に発売予定のPINGのレディース向けパター『G Le2』。この日の入念なパッティング練習は、PINGのツアー担当者が「色はかなり違いますが、インサートやヘッドの大きさは(すでに発売されている)SIGMA2とほとんど一緒です」と話す、このド派手なパターとともに行われた。

鈴木はピンクで目立つことから「ちょーはずかしい(笑)」と照れるが、前日すこし転がしたところ「良かったので」とこの日も使用。「もともとフェースに食いつくパターはそこまで好きじゃないのですが、今はパターの感覚があまり良くなく、最近は右に出てしまうことが多いので、食いついてくれた方が合っている気がします」と実戦投入の可能性も示唆した。

「パターは入ってくれるものが一番。どんなものでもスコアが出るのがいい」と話す鈴木。“恥ずかしい”と語る一本が、難コース攻略の手助けとなる可能性は十分にある。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)