APGCジュニア選手権三菱コーポレーションカップは短縮競技で閉幕、久常&梶谷ペアがチーム戦で優勝!

APGCジュニア選手権三菱コーポレーションカップは短縮競技で閉幕、久常&梶谷ペアがチーム戦で優勝!

久常涼&梶谷翼の日本チームが優勝!(写真提供:大会事務局)

神奈川・箱根カントリー倶楽部を舞台に8月28日に開幕した、アジア太平洋ゴルフ連盟(APGC)主催の「APGCジュニア選手権三菱コーポレーションカップ」。最終日の30日は前日に消化できなかった個人戦の残りを行い、9時20分過ぎに終了した。


同大会のシステムを簡単に説明すると、各国男女1名のペアによるチーム戦で争われ、日本のほかオーストラリアやニュージーランド、韓国、中国、タイなどが参加。日本からは久常涼&梶谷翼、大谷元気&神谷そら、大野倖&佐久間朱莉の3組が臨んだ。

大会期間中は悪天候だったこともあり、当初のスケジュールから大幅に変更。初日の28日が中止となり、2日目の29日午前中にフォアボールを行い、首位から1打差の2位に大野&佐久間ペア。久常&梶谷、大谷&神谷の各ペアも5アンダー・4位タイと好位置につけた。

同日午後は当初予定されていたフォアサムではなく、先に個人戦を実施。この個人戦は日没によりサスペンデッドとなったが日本人選手は全員ホールアウトし、男子では久常が3アンダーの69、大谷が3オーバーの75、大野が4オーバーの76。女子では梶谷が2アンダーの70、神谷が3オーバーの75、佐久間が6オーバーの78で2日目を終えた。

そして、30日の7時15分より個人戦の残りが行われたが、この日も箱根は雨と霧と強風の難コンディション。天候の回復が見込めないことから、36ホールでの競技成立となった。

日本チームの団体戦の順位は、久常&梶谷ペアが通算10アンダー(206)で優勝。大谷&神谷ペアが通算1オーバー(217)で10位タイ、大野&佐久間ペアが通算2オーバー(218)で12位となった。

また、個人戦は3アンダーの久常がオーストラリアの選手とトップに並んだが、マッチング方式により2位。3オーバーの大谷が11位、4オーバーの大野が15位。女子では2アンダーの梶谷が2位、3オーバーの神谷が13位、6オーバーの佐久間が15位となった。

なお、日本チームのプロフィールは次のとおり。

日本代表チーム1 久常涼(岡山県・作陽高校2年)と梶谷翼(兵庫県・滝川第二高校1年)
日本代表チーム2 大谷元気(福井県・福井工大福井高校2年)と神谷そら(岐阜県・麗澤瑞浪高校1年)
日本代表チーム3 大野倖(千葉県・千葉黎明高校1年)と佐久間朱莉(埼玉県・埼玉平成高校2年)

<ゴルフ情報ALBA.Net>