登山趣味の岩橋里衣 ステップ初勝利に「中国地方最高峰の大山の麓で勝てて嬉しい」

登山趣味の岩橋里衣 ステップ初勝利に「中国地方最高峰の大山の麓で勝てて嬉しい」

右手を突き上げて、勝利の喜びを表現する岩橋里衣 (撮影:福田文平)

<山陰合同銀行 Duoカードレディース 最終日◇30日◇大山平原ゴルフクラブ(鳥取県)◇6463ヤード・パー72>

悪天候の影響で36ホールに短縮されたステップ・アップ・ツアー第14戦「山陰合同銀行 Duoカードレディース」最終ラウンド。暫定首位となっていた岩橋里衣がトータル12アンダーまでスコアを伸ばし、2位のサイ・ペイイン(台湾)に6打差をつける圧勝。ステップ・アップ・ツアー初勝利を飾った。


前日の中断地点となった2番グリーンでプレーを再開すると、3番でバーディを先行。トータル10アンダーにしたあとの15番では、7mのパーパットが残すピンチも「ここはボギーでも仕方ない。アプローチが真っ直ぐ落ちていったので、ラインは真っ直ぐだと思った。入ればいいなと思って打ったら、ラインに乗った。読みがピッタリでした」と見事セーブ。16番で一つ伸ばし、最終ホールにも4mのウイニングパットを沈めて、右手を突き上げて喜びを表現した。

2014年に7度目の受験でプロテストに合格。趣味は登山で、合格前年には富士山に登り、「来年、落ちたらゴルフを辞めよう」と覚悟を決めたというエピソードを持つ。「中国地方で最高峰の大山の麓で勝てたことは素直にうれしいです。今週、こっちに来たときに“大山に登ろうかな”って本気で考えていたけど登れなかった。でも、この大会で一番上に立てて良かったです」。2017年、2018年は年間を通してレギュラーツアーに参戦した岩橋。この勝利を再挑戦の足掛かりにしたい。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)