畑岡奈紗は27位後退 ハナ・グリーン独走見て「スコアにばかり頭が行ってしまった」

畑岡奈紗は27位後退 ハナ・グリーン独走見て「スコアにばかり頭が行ってしまった」

27位タイに後退した畑岡奈紗(撮影:GettyImages)

<キャンビア・ポートランド・クラシック 2日目◇30日◇コロンビア・エッジウォーターCC(オレゴン州)◇6476ヤード・パー72>

米国女子ツアー「キャンビア・ポートランド・クラシック」の2日目。首位と2打差の5位タイと好発進を切った畑岡奈紗だったが、伸ばし合いについていけずトータル7アンダーの27位タイに後退した。


午後スタートの難しさが出てしまった。自身のスタート前にハナ・グリーン(オーストラリア)が独走しているのを見た。「17アンダーというのが見えて、やっぱり(スコアを)出して行かないと離されてしまうな、と思った」。追いかけるには当然狙って行かなければならない。

だが、このことが気持ちの作り方を難しくしてしまう。「集中し切れていないというか、スコアにばかり頭が行ってしまったのかな。他の人が伸ばしているから自分も、という気持ちにさせられるんですけど。チャンスにつけてもパットが入ってくれなかったり、流れに乗りきれなかった」。攻めなければいけない。その気持ちが良い方向に向かうこともあったが、今回は悪い方にでてしまった。

とはいえ、「ビッグスコアは出るコース」とチャンスがなくなったわけではない。「距離もさほど長くなくパー5も2つで届くところのほうが多いので、スコアは伸ばせる。あと2日あるので、とにかくあした伸ばすことだけに集中したい」。ノンストップのバーディ合戦。まだまだ諦めるわけにはいかない。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)