“大人”にも感謝の気持ちを 渋野日向子流の心遣い

“大人”にも感謝の気持ちを 渋野日向子流の心遣い

したくてもできないファンサービスのため、シブコが準備したのは…(撮影:岩本芳弘)

<ニトリレディス 3日目◇31日◇小樽カントリー倶楽部(北海道)◇6650ヤード・パー72>

今週から渋野日向子が、来場するギャラリーにステッカーを配布している。渋野の要望でマネジメント会社が制作したもので、渋野の笑顔の写真をベースにサインと「暖かなご声援、いつもありがとうございます!」というメッセージがつづられている。


始めたきっかけは“大人のファン”への感謝の気持ちだった。全英で優勝する前は、大人子ども問わずサインを書いていたが、優勝してからサインの要望が一気に増え、全員に対応しているとかなりの時間がかかってしまうため、泣く泣くサインする相手を選ぶことになってしまっていた。

「優勝してからの2試合(北海道meijiカップ、NEC軽井沢72ゴルフトーナメント)は小さい子だけとしていたのですが、やはり大人の方もたくさん応援してくださっているので、そういう方々にも何かしなきゃいけないなと思いました。それでサインとメッセージを添えました。それだけでもできたらと思いました」

マネジメント会社によれば、枚数は決めておらず、ひとまずということで1000枚作成。「なくなったら追加すると思います。これからももっといいかたちはないか、プロと話していきます」と、選手にとってもファンにとってもよりよい方法を模索する。

子どもだけでなく、大人へも感謝の気持ちを伝える。それがシブコ流の心遣いだ。(文・秋田義和)

<ゴルフ情報ALBA.Net>