<中間速報>鈴木愛がトップで後半へ 渋野日向子4差、安田祐香3差

<中間速報>鈴木愛がトップで後半へ 渋野日向子4差、安田祐香3差

鈴木愛の今季4勝目なるか(撮影:岩本芳弘)

<ニトリレディス 最終日◇1日◇小樽カントリー倶楽部(北海道)◇6650ヤード・パー72>

国内女子ツアーの「ニトリレディス」最終日は全選手が前半のプレーを終え、鈴木愛がトータル11アンダーで首位に立っている。


1打差の2位にアン・ソンジュ(韓国)。3打差の3位タイに申ジエ(韓国)とアマチュアの安田祐香。渋野日向子はトータル7アンダーの5位で後半に入っている。

鈴木とソンジュの賞金女王による白熱の争いにアマチュア7人目のツアー優勝を目指す安田、さらには注目の渋野と、後半の小樽は熱くなりそうだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>