誕生日にサプライズ!?愛の力は連覇への後押しとなるか【きょうの“パンチショット”】

誕生日にサプライズ!?愛の力は連覇への後押しとなるか【きょうの“パンチショット”】

愛の力で優勝だ!(撮影:岩本芳弘)

<ニトリレディス 最終日◇1日◇小樽カントリー倶楽部(北海道)◇6650ヤード・パー72>

トーナメント会場で、選手の印象的な言葉や、プライベートシーンなどを耳にする機会が多い現場記者。そのなかで『あの時、何を考えていたの?』、『今ハマっているものは?』、『プロの悩みって?』…のような選手の素の表情やツアーの裏側が分かる、ちょっと“パンチ”の効いた(?)話をお届け!【ニトリレディス】


大会3日目となる8月31日に日本の数えで32歳の誕生日を迎えたアン・ソンジュ(韓国)。ムービングデーにも首位タイをがっちりとキープした。

そんなバースデーウィークにソンジュのバッグを担いでいるのは、夫のソンホさん。まさか…、誕生日だから!?

「実は本来担いでもらう予定だったキャディさんが体調を崩してしまって…。本当は(ソンホさんに)キャディをやってもらいたくなかったのですが、他のキャディさんがみんな埋まっていたので…」

何やら仕方なく、といった感じで答えたソンジュ。それでも最後には「誕生日の週に2人で頑張ってもいいかな、という気持ちも多少あります」と本音も。“愛の共同作業”で12年、13年以来の大会連覇を狙う。

<ゴルフ情報ALBA.Net>