「パットなんてなくならないかな…」苦悶の日々を乗り越えた鈴木愛 静かなガッツポーズに込めた意味

「パットなんてなくならないかな…」苦悶の日々を乗り越えた鈴木愛 静かなガッツポーズに込めた意味

パット女王の鈴木愛が再びパットで自信を取り戻した(撮影:鈴木祥)

<ニトリレディス 最終日◇1日◇小樽カントリー倶楽部(北海道)◇6650ヤード・パー72>

2017年の賞金女王、昨年を含む過去4度の賞金女王、元世界1位に日本最強アマ。そして今季の「全英AIG女子オープン」の覇者が上位に並ぶ実力伯仲の戦いを制したのは、トータル11アンダーと唯一2桁アンダーをマークした鈴木愛だった。


2つ前の組からグングンスコアを伸ばしてきた申ジエ(韓国)。そして着実にスコアを伸ばす同組のアン・ソンジュ(韓国)と安田祐香。プレッシャーのかかる状況でも冷静だった。「今日は落ち着いてできていました。緊張もほとんどなかった。自信を持ってできました」。他の選手ではなく、自分のプレーに集中。中盤はジエやソンジュに並ばれる場面もあったが、16番で頭一つ抜け出すと、最終18番で残り114ヤードから1mにピタリ。激闘にピリオドを打った。

ここ1カ月のあいだは苦しんでいた。代名詞ともいえるパターが入らない。「得意としていた1〜2mすら決まらなくなっていた。ミドルパットに至ってはカップがボールを避けているんじゃないかってくらい(笑)」。誰よりも練習しているはずなのに決められない。「パッティングなんてなくならないかなって。本当に嫌いになっていました」。昨年の平均パット数1位とは思えない発言が出るところまで追い込まれていた。

「なんで私より練習していない人に負けるんだろう」。心はどんどんやさぐれていく。「練習したって入らないなら練習しなくっていい、と思いました」。ツアー1の練習の虫は、鍛錬に意味を見いだせなくなっていく。

そんな鈴木を引き留めたのは家族であり、トレーナーであり、お世話になっているスポンサーといった周りの人たちだった。「ずっと悪いときはない。必ず良くなるから」。苦しい状況だったが、周囲の励ましによって、「練習しなければうまくならない」と、そのまま腐らることなくボールを転がし続けた。

プライドも捨てた。今週から投入したPINGのレディース向けパター『G Le2 ECHO』は、「感覚が出ていないときのもの」と避けてきた大きいヘッドのもの。それにド派手なピンク色は「可愛いけど、ちょっとプロっぽくない。それに恥ずかしい(笑)」と思ったが、別のパターを試してみようとした15本くらいの中から「良さそう」と直感的に選んだ。打ってみると感覚も良く実戦投入。「パターは入ってくれるものが一番。どんなものでもスコアが出るのがいい」。格好ではなく、ボールをカップに沈めることを優先した。

練習量と新しいパター。この2つが相まって「久しぶりに入ってくれてうれしかった」と言えるところまで復調。それでもウイニングパットの1mはしびれた。「いつもならこんな距離外さないので、『どんなガッツポーズをしようかな』と考えていたりしていました。だけど、今日は緊張した。だから、カップに入るまで息を飲んで見守っていました」。決まった瞬間は、静かに右こぶしを握った。「今までだったら『いえーい』という感じでしたが、今日は『よかったなぁ』って」。鈴木らしいド派手なガッツポーズではなかったことには理由があった。

大きな、大きな意味のある1mだった。「最後のパットは曲がらないラインでした。昨日も今朝もすごく練習した1mの距離。その距離は、ど真ん中から入らないと気持ちよくない。自信を持ってパッティングできたし、ど真ん中から入ってくれました。練習の成果だと思います」。練習は嘘つかない。3年前の「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」の最終日最終ホールで4.5mのバーディパットを決めて大会2勝目を果たした時と同じ気持ちを、同じ北海道で取り戻した。(文・秋田義和)

<ゴルフ情報ALBA.Net>