比嘉一貴が106人抜きで日本勢5番手 石川遼は120位【男子世界ランキング】

比嘉一貴が106人抜きで日本勢5番手 石川遼は120位【男子世界ランキング】

比嘉一貴が日本勢5番手に(撮影:佐々木啓)

9月3日付けの男子世界ランキングが発表された。国内男子ツアー「RIZAP KBCオーガスタ」で優勝の比嘉一貴が、106ランクアップで141位に浮上。日本勢5番手につけた。


同大会2位の星野陸也は109位から94位に浮上。同13位タイの石川遼は、2つ順位を上げて120位で日本勢4番手につけている。

日本勢トップは前週と変わらず26位の松山英樹。2番手は78位の今平周吾となっている。

米国男子ツアーは今シーズンの全日程を終了しており、世界ランク上位の面々に変動はなく1位がブルックス・ケプカ(米国)、2位がローリー・マキロイ(北アイルランド)、3位がダスティン・ジョンソン(米国)。

その他、欧州ツアー「オメガ・ヨーロピアン・マスターズ」で優勝のセバスティアン・ソーデルベリ(スウェーデン)が287位から107位へと大きく順位を上げた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)